ホーム > mixiニュース > IT・テクノロジー > モバイル > シャープが三辺超狭額縁スマホAQUOS R Compact発表。4.9インチフリーフォームパネルを採用

シャープが三辺超狭額縁スマホAQUOS R Compact発表。4.9インチフリーフォームパネルを採用

8

2017年10月13日 14:03  Engadget

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Engadget

写真    シャープが三辺超狭額縁スマホAQUOS R Compact発表。4.9インチフリーフォームパネルを採用
シャープが三辺超狭額縁スマホAQUOS R Compact発表。4.9インチフリーフォームパネルを採用


シャープは4.9インチ液晶画面を搭載したスマートフォン『AQUOS R Compact』を、2017年冬モデルとして発表しました。同社製スマートフォンとして初となる「フリーフォームディスプレイ」(形状の自由度を高めた液晶パネル)を初採用するのが特徴です。

トレンドの最先端となる3辺超ナローベゼルタイプ、かつ天面側の液晶パネルの縁が丸められた形状となります。シャープは『EDGEST Fitデザイン』と名付けています。

本体カラーはムーンホワイトとトルマリンブラックの2種類。

ディスプレイ解像度は2032×1080。フレームレート120Hzとなる『ハイスピードIGZO』技術など、AQUOS Rの主力技術を継承します。

ただしSoCはクアルコムのSnapdragon 660と、AQUOS Rよりは下位となります。OSも「Oleo」ことAndroid 8を採用。高速充電はクアルコムのQuick Charge 3.0。必然的にUSB PDにも対応します。

【更新中】
写真や動画、関連情報も満載。元の記事はこちら

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • 日本企業の最後の一つが外資傘下に入るのは、いつごろですかね。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 100W給電きたか?燃えろ携帯!www
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(7件)

ランキングIT・テクノロジー

前日のランキングへ

ニュース設定