ホーム > mixiニュース > 経済 > ドライフラワーのカフェ&バー

ドライフラワーカフェ&バー「HANABAR」池袋に10月20日オープン

54

2017年10月20日 20:21  T-SITE

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

T-SITE

写真「HANABAR」
「HANABAR」


ドライフラワーアーティスト・油井奈々氏のプロデュースによる「花と食」の文化が融合した日本初のドライフラワーカフェ&バー「HANABAR(ハナバー)」が2017年10月20日(金)に池袋西口にグランドオープンした。

五感で“花”を楽しめる空間「HANABAR(ハナバー)」



「HANABAR」
「HANABAR」


店名が示す通り、店内にはハンドメイドによるドライフラワーをあしらった装飾が施され、提供されるフードやドリンクにもエディブルフラワー(食用花)を使用したメニューが用意されている。また、同店では油井奈々氏が製作したドライフラワーの展示・販売も行っており、五感で楽しめる空間となっている。

また、同店では、グランドオープンを記念して、10月24日(火)までの5日間、各日先着20名限定で通常のランチメニュー950円をワンコインの500円で特別提供する。さらにバータイムも11月末までパーティプランが500円引きで提供。
「HANABAR」
「HANABAR」

「HANABAR」
「HANABAR」

通常のランチメニューとして、「イエローカレー(アンチャンティー付)」(950円)や「オリジナルタコライス(アンチャンティー付)」(950円)、バーメニューとして「ハーブとピンクソルトのフライドポテト」(850円)のおつまみをはじめ、「HANABALL」(600円〜)、アルコール各種(600円〜)がそろう。パーティプランは4名から利用でき、料理・デザート付きで3,000円からとなっている。ほかにも女子会プランやバースデープランなどもあり、料理内容、ドリンクプランの相談が可能だ。

なお、プロデューサーの油井奈々氏は、21歳の時にログハウスで営業する美容室を自ら開業し、美容師として活躍。その一方で独学でフラワーアレンジメントを始め、その作品の繊細で独特な色合わせがSNSで大きな反響を呼び、ドライフラワーアーティストとしても活動を本格的に開始した。

美しいドライフラワーで装飾された贅沢な空間で、視覚でも味覚でも花を存分に楽しんでみては。

「HANABAR」でドライフラワーの魅力にハマったら、ドライフラワーの飾り方アイデア本をチェック!

■店舗情報

「HANABAR(ハナバー)」

オープン日/2017年10月20日(金)

営業時間/ランチ11:30〜14:00、バータイム18:00〜24:00

※月曜、年始休業 (グランドオープン期間の10月23日(月)は営業)

住所/東京都豊島区西池袋3-30-6 磯野ビル 1F

HANABAR 公式サイト
動画・画像が表示されない場合はこちら(http://top.tsite.jp/news/table/i/37389459/)

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • 実家の車庫の玉ねぎ干してあるのによく似てるんだが(笑)
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • ドライはな、フルーツかナッツしか要らん!後、アサヒwwwwwww( ´ ▽ ` )ノ�ӡ���カンパーイ
    • イイネ!24
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(23件)

ニュース設定