ホーム > mixiニュース > エンターテインメント > 芸能総合 > 壱成、顔面まひ後遺症残り不安

いしだ壱成、顔面まひ後遺症残り「とても不安」

138

2017年11月14日 10:52  日刊スポーツ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊スポーツ

写真いしだ壱成
いしだ壱成

 顔面まひを患っていたことを告白した俳優のいしだ壱成(42)が、「後遺症が残ってしまいました」と現状を報告した。


 いしだは「帯状疱疹(ほうしん)から来る顔面まひ」と医師から診断されたことを明かしていたが、14日に更新したブログで「だいぶよくなって来たもののいまだ顔面に少しの麻痺を残したままの状態です」と報告。療養しながらリハビリをしているというが「とはいえ、まともに発音が出来なくなったのは事実です。だいぶ顔も動くようになり、もう一歩のところで後遺症が残ってしまいました。どこまで元どおりにできるのか、元どおりになるのか全くわからない状態で今後のことなど考えてしまうと、とても不安になります」と心境を吐露した。


 それでも快方に向かっているとし、「このまま希望を捨てずに、また今度お芝居が出来る日を夢見て、ただただ顔晴っていきたいと思っております」(原文まま)とつづった。

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • 顔面麻痺だったんだ。そら怖い位顔動かないはずだ。ってか帯状疱疹から顔面麻痺になるなんて事があるんだ; 顔面麻痺克服経験者の松居一代にもっと良くなれる様にアドバイスしてもらえないか相談しよう。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 好きじゃない芸能人だからと言って軽々しく人の病気を中傷するバカどもって本当に人間のクズ。
    • イイネ!149
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(99件)

ニュース設定