ホーム > mixiニュース > 経済 > 甘い香りにウッフン…乙女語録の紅茶「ムレスナ」って?

甘い香りにウッフン…乙女語録の紅茶「ムレスナ」って?

0

2017年11月15日 15:30  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

写真紅茶を入れるディヴィッド川村さん。水出しで抽出できる茶葉の品質と、和食にも合う澄んだ味に絶対の自信を持つ=兵庫県西宮市、滝沢美穂子撮影
紅茶を入れるディヴィッド川村さん。水出しで抽出できる茶葉の品質と、和食にも合う澄んだ味に絶対の自信を持つ=兵庫県西宮市、滝沢美穂子撮影

■「まだまだ勝手に関西遺産」


 2年前、会食の席でウーロン茶代わりに頼んだアイスティーを口にして驚いた。ふんわりした香りと澄み切った味。渋さや苦みはゼロ。入れ方は水出しで、冷蔵庫に数時間置いただけという。店の人に「茶葉を譲って」と頼んで持ち帰った。


 それが、スリランカ屈指のブランド紅茶・ムレスナティーだった。ティーバッグの詰まった紙箱は、色鮮やかな花や果物の写真をあしらったパッケージ。目を引いたのは、箱に印刷された次のような言葉だった。


 「甘〜い香りにウッフンときてしまうのは私だけ? いやだ? でも本当にいい香り…だって、ムレスナだもの…」


 「桃に杏子(あんず)に7つのベリーを加えた、カワイイ子が好きなプチュップチュッブレンドなわけさ! ええ! またぁ?ムレスナさん! プー!」


 「お茶して…フフフッ あせらずに生きていこうではありませんかぁ? ムレスナさんクウー! いいねェッ語録」


 銘柄ごとに文言は異なる。個性的すぎる「ムレスナさん」とはどんな人だろう。紅茶を輸入する兵庫県西宮市の「ムレスナティージャパン」を訪ねた。


 JR神戸線甲子園口駅から徒歩約15分、静かな住宅街の一角にあるティーハウスで、社長のディヴィッド川村さん(58)が出迎えてくれた。スリランカの人? いえいえ、ディヴィッドは愛称で、生粋の日本人。パッケージのデザインも文言もすべて川村さんによるものだ。


 雑貨の輸入販売業をしていた約30年前、川村さんはムレスナティーに出会い、ほれこんだ。フルーツなどのフレーバーティーで成功。100種類を超えるティーバッグは年間65万箱を売り上げる。


続きはこちら

    あなたにおすすめ

    ニュース設定