ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > アニメ版ゴジラ、第二章「決戦機動増殖都市」18年5月公開 ビジュアルにメカゴジラ?

アニメ版ゴジラ、第二章「決戦機動増殖都市」18年5月公開 ビジュアルにメカゴジラ?

6

2017年11月18日 11:53  アニメ!アニメ!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

アニメ!アニメ!

写真『GODZILLA 決戦機動増殖都市』
『GODZILLA 決戦機動増殖都市』
日本アニメーション界最高峰のスタッフがおくるアニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』がいよいよ全国公開された。そして、早くも第二章が動き出す。タイトルが『GODZILLA 決戦機動増殖都市』に決定。合わせて、ティザービジュアルも公開された。新たなゴジラは2018年5月に強襲を開始する。

1954年に誕生した映画『ゴジラ』は、巨大な文化的アイコンとして世界中の人々に愛されてきた。そして2017年、“ゴジラ”は誰も予想しなかった新たな“進化”を果たす。それがアニメーション映画『GODZILLA』だ。
本作が描くのは、これまでのどんな“ゴジラ”とも一線を画すシビアでハードな未来世界。二万年もの間、地球に君臨し続けてきた“ゴジラ”とそれに対峙する人類の因縁の物語で、ストーリー原案・脚本は『魔法少女まどか☆マギカ』や『PSYCHO-PASS サイコパス』などで知られるニトロプラスの虚淵玄が務める。虚淵の、突破力抜群のアイデアと先を読ませない緻密な構成力は、多くのファンの心を捉えている。

第一章が封切られたばかりの“混乱”の最中、アニメゴジラ第二章のタイトルが『GODZILLA 決戦機動増殖都市』であると緊急発表された。
第一章の公開日である2017年11月17日からは、上映劇場にて『GODZILLA 決戦機動増殖都市』のティザーポスターとティザーチラシが順次掲出&配布スタートしている。
都市機構がすべて荒廃したはずの二万年後の地球に遺された“都市”とは何を示すのか。ティザービジュアルには、瓦礫が積み上がった暗闇の中で<人類>が<何か>と対峙したその瞬間を切り取った場景が描かれている。
さらに、「劇場前売鑑賞券」と「ムビチケ」の販売も開始。劇場前売特典には、片面にティザービジュアルがプリントされた<メカゴジラクリアファイル>が付いてくる。裏面ロゴは豪華な蓄光仕様になっている。

映画『GODZILLA 怪獣惑星』、小説『GODZILLA 怪獣黙示録』で湧き出た「謎」が明かにされるのか。『GODZILLA 怪獣惑星』前史の中で、人類が密かに開発していた対ゴジラ決戦兵器「メカゴジラ」とは一体何なのか。その詳細は、2018年5月に明らかとなる。

(C) 2017 TOHO CO., LTD.

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • プチ混乱。アニメは邪道だと思いながらも、見てみたいなという葛藤がありながらアニメ版を見ようか悩んでる中で、この情報は混乱を招く。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • メカゴジラ……メカゴジラ……!メカゴジラが早くみたいexclamation
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

オススメゲーム

ニュース設定