ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > 配達員が投稿 梱包でのお願い

自分の荷物を守るためにできること 運送業者の配達員が投稿したガムテープと梱包方法についてのお願いに反響

843

2017年12月12日 17:02  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真見た目は似ている3つのテープですが、用途や特徴は異なります
見た目は似ている3つのテープですが、用途や特徴は異なります

 ダンボールに入れて荷物を送る際、その中身を守るためにも心掛けたい梱包方法や使うテープについての投稿がTwitterで話題になっています。



【比較画像】梱包に適しているテープは



 投稿したのは運送業者の配達員をしている陽亮さんで、「ただの一配達員なので言えることは限られていますが」と前置きをした上で、荷物を安全に配達するためにも「見て頂けると嬉しいです」とツイート。



 まずはテープの種類について、主に緑色の「養生テープ」は最終的に剥がすことを目的として使われるテープで、粘着力も強度も無く、梱包用ではないと説明。また「クラフトテープ(紙製ガムテープ)」も同じく粘着力・強度ともに低く、さらに重ね貼りができないため、その上に伝票などを貼ることができなかったり、クロスするように重ね貼りした場合は剥がれて別の荷物に付着したり、といった問題があることを説明。重い荷物を支える力はないと注意しています。



 そのため梱包には「布製ガムテープ」が最も適しているとしていて、やはり粘着力と強度があるものを選んだ方が安全なのは間違いないようです。



 また、ダンボールを閉じる際は縦横の十字になるようにクロスしてテープを貼るのがオススメで、強度が変わってくるとしています。特に中身が多かったり重い場合などは、最も圧力のかかる中央を補強する意味で貼っておくのがよさそうです。



 なお、ダンボールを閉じたその左右のふちにテープを貼る際は、その部分は運ぶ時に持つ場所だということを意識して、重ね貼りができないほど表面がツルツルしているクラフトテープではなく、布製ガムテープを使うのが万が一を考えたときには安全でしょう。



 毎日数え切れないくらいの荷物が送り送られる現在、全て人の手によって運ばれているということを改めて認識して梱包方法を考えてみると、荷物を送る自分のためにも、配達する側のためにもなりそうです。



 この投稿には同じく配達に関わる人から「すごくわかる」「業界あるある」と共感の声が寄せられ、クラフトテープや養生テープが使われている場合に「取れていた」「切れていた」等の報告も。また「知らなかった」「参考にします」との声も上がり、配達員からの貴重な声に多くの反応が寄せられています。



画像提供:@Yohsuke_NDさん


あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • こんな事、普段使ってれば常識的に素人でも分かる事!!…小中の子供じゃあるまいし、こんな事も理解出来ずに荷物送るのは論外!!ww
    • イイネ!0
    • コメント 2件
  • 箱を準備するとネコが入るのはどないしたらええの?
    • イイネ!333
    • コメント 56件

つぶやき一覧へ(333件)

ニュース設定