ホーム > mixiニュース > 国内 > 2040年 一人暮らし世帯が4割に

2040年、一人暮らし世帯が4割に 未婚・晩婚化進む

790

2018年01月12日 19:58  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

写真家族類型の割合の変化
家族類型の割合の変化

 2040年に全世帯に占める一人暮らしの割合が39・3%に達するとみられることが、国立社会保障・人口問題研究所が12日に公表した「日本の世帯数の将来推計」で分かった。未婚や晩婚の人が増えているためで、65歳以上の一人暮らしはほぼ4人に1人の22・9%になると予測している。


 推計は5年に1度で、今回は15年の国勢調査をもとに40年まで出した。


 15年の一人暮らし世帯の割合は34・5%(1842万世帯)で、40年は4・8ポイント上がって39・3%(1994万世帯)になる。40年は1970年代前半生まれの「団塊ジュニア」が高齢者となり、高齢者人口がピークを迎えるころと重なる。高齢者の一人暮らしも、15年の18・5%から4・4ポイント増える。


続きはこちら

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • そんな調査するより、その結果どうすべき早く告知してほしい。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • んなもん40年以上前からわかっとったやろ。老害な先生方が良い思いをするためだけにやってきた結果だろ。んで、これから先の事なんか、先生方はあの世だから知ったこっちゃないという事。はい臨終
    • イイネ!359
    • コメント 18件

つぶやき一覧へ(438件)

ニュース設定