ホーム > mixiニュース > エンターテインメント > 芸能総合 > アンナチュラル1話 脚本に賞賛

『アンナチュラル』初回、『逃げ恥』野木亜希子のうまさに「さすがとしか言えない」

134

2018年01月13日 11:12  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真金曜ドラマ『アンナチュラル』制作発表の様子 クランクイン!
金曜ドラマ『アンナチュラル』制作発表の様子 クランクイン!
 石原さとみが主演するドラマ『アンナチュラル』(TBS系/毎週金曜22時)の第1話が12日に放送された。ある青年の死を巡り、二転三転するストーリーに、SNSでは「テンポいいなんてもんじゃなくハイスピードドラマだった。でも話はちゃんと掴める。予想通り今のところ今期一番好き」「面白かったー!めっちゃ私好みだし、リアタイで次が楽しみなドラマなんていつぶりだろう?」と絶賛の声が相次いだ。

【写真】「石原さとみ」フォトギャラリー

 本作は、『逃げるは恥だが役に立つ』で大ブームを巻き起こした脚本家・野木亜希子が描く、法医解剖医の世界を舞台にした1話完結のミステリードラマ。主人公を石原が演じるほか、井浦新、窪田正孝、市川実日子、松重豊が出演。第1話では、一人暮らしで突然死した青年の死の謎に迫る。

 漫画や小説を原作とした実写作品の脚本で高い評価を得ている野木が、オリジナルストーリーで変死体の謎を解き明かしていく本作。放送終了後、ネットには「あーー面白かった。何せテンポがいいから飽きないし、専門用語も苦も無く物語に溶け込む説明セリフの自然さ。キャラクターも初回から押し付けがましくなく好きになれる作り。何て上手いんだ。そして何て高い取材力。さすがとしか言えない」「1時間のうち3回程良い意味で裏切られたのと、真実の残酷さに1話見ただけで最終回まで見たような感覚に陥ってる」「ジェットコースター的な展開でありながら、無駄な描写を排除して、伏線も張り巡らせ、今後の展開につながる種も撒いてある。それでいて、視聴者の性癖をくすぐる要素(窪田正孝のバイク二人乗り等)も忍ばせてある。野木亜紀子脚本、恐るべし」と怒とうの展開を見せた野木の脚本を賞賛するコメントが集まった。

 また、米津玄師が本作のために書き下ろした主題歌『Lemon』が初公開され、「切なすぎて胸が苦しくなって自然と涙出てくる曲」「アンナチュラルの主題歌米津玄師の曲やん!!!!! わー!!新曲!!!フル早く聞きたい!!」と大きな反響が寄せられた。

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • 久々に日本のドラマで面白いと思った。箱のアラビア文字で死因までは読めたけど、そこから更に一捻り加えてくるとは……。次回も楽しみ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 素直に面白かった。使ってる役者も、某事務所のアイドルとかゴリ押し若手とかじゃなくて、本当によかった。
    • イイネ!52
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(62件)

ニュース設定