ホーム > mixiニュース > 国内 > 週明けから寒さ和らぐ 週間天気

週明けから寒さ和らぐ 週間天気

3

2018年01月13日 18:42  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

写真写真

寒中らしい寒さが続いています。週明けになると、寒さをもたらした冬将軍はいったん撤退し、全国的に気温は上昇傾向。来週は、寒さが和らぐ一週間となりそうです。


●週明けから気温上昇


全国的な寒さや日本海側に大雪をもたらした冬将軍は、14日には日本付近から離れる見込みです。週明けからはいったん冬将軍はお休みモードに入ります。15日の日中からは全国的に気温が平年を上回り、厳しい寒さはようやく緩む見込みです。
★14日(日曜日)〜寒さまだ続く〜
14日は、西から次第に高気圧に覆われますが、上空にはまだ寒気が残ります。北陸や山陰は14日明け方にかけて、近畿北部や中部は朝にかけて、大雪となる所があるでしょう。その後、午後には日本海側の雪の降り方は弱まり、晴れ間の出る所もありそうです。太平洋側は引き続き晴れて、空気が乾燥するでしょう。気温は、朝は13日と同じくらいの冷え込みが続きそうです。日中の気温は、全国的に13日と同じか、やや高くなる見込みです。高くなるとはいえ、14日までは、まだ寒さが続きます。九州から東北の広い範囲で真冬並みとなるでしょう。北海道は平年並みですが、東部や内陸では、昼間も氷点下のままとなりそうです。暖かくしてお過ごしください。
★15日(月曜日)〜日中は寒さ緩む〜
低気圧が北日本を通過する見込みです。北陸から北は雨や雪の降る所があるでしょう。低気圧に向かって南から暖かい空気が流れ込むため、これまでに比べると、全国的に気温は高くなる見込みです。北海道も日中は広くプラスの気温となるでしょう。雪のゆるみにご注意ください。関東から西は10度以上まで気温が上がり、厳しい寒さはゆるみそうです。ただ、朝はまだ氷点下または、0度近くまで気温が下がりますので、通勤通学の際は、厚手のコートにマフラー・手袋が必要になるでしょう。


●火曜日から天気は下り坂


★16日(火曜日)以降〜雨の割に気温は高め〜
16日から17日にかけて、西から低気圧が進み、日本列島を通過する見込みです。16日は全国的に雲が多く、西日本では早ければ、午後には次第に雨が降り始めるでしょう。雨の範囲は段々と東へ広がり、夜遅くには東日本でも雨の所がありそうです。17日は全国的に雨が降り、傘の出番となるでしょう。山沿いやこれまでに大雪となった地域では、雪どけが進みそうです。なだれや屋根から落ちる雪に十分気をつけてください。雨は多くの所では17日の夜にはやむ見込みです。
18日から20日は、北陸から北の日本海側を中心に寒気が流れ込むでしょう。このため、日本海側は再び雪となりそうです。ただ、次回やってくる冬将軍は比較的おとなしそうです。来週の一週間は大雪になる所はない見込みです。除雪作業などされる方も多いかと思いますが、その際は、2人以上で作業をし、声を掛け合いながら行いましょう。


あなたにおすすめ

ニュース設定