ホーム > mixiニュース > 経済 > オムライス 楽しみ方いろいろ

「オムライス」が鯛焼きに、ミールキットで本格洋食も オムライスの楽しみ方いろいろ

156

2018年01月14日 08:13  MONEYzine

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

MONEYzine

写真写真
 時折、無性に恋しくなる「オムライス」。最近は、ぜひとも食べてみたいと思わせる要素が加わった商品やサービスが登場している。


 ケチャップ味のごはんを卵で包む「オムライス」。家庭の味としてはもちろん、各地には美味しいと評判の店舗も数多くある。この美味に、さらなる工夫を施した商品やサービスが注目を集めている。


 鳥居食品(静岡県浜松市)の「オムライスをおいしくするソース(475円・税込、200ミリリットル)」はオムライス専用のソースだ。動物性素材を使用せず、すべて国産の9種類以上の野菜や果物をもとに作られている。大正13年創業の同社が培ってきた独自のブレンド技術によって、野菜や果実の旨みを最大限に引き出している。ケチャップだけでは物足りないときでも、卵やケチャップライスの味を一層引き立ててくれる。


 ミールキットで提供されるオムライスもある。「特製デミグラスソース付きふわふわたんぽぽオムライス」は、スターフェスティバル(本社:東京都渋谷区)が運営する有名店・シェフの料理を自宅で簡単に再現できるミールキットの宅配サービス「ごちレピ」の一品だ。完成するオムライスは、東京の名店「たいめいけん」の看板メニュー。自ら用意するのはご飯と白ワインか日本酒、そして塩のみ。後はすべてキット内に素材が揃っている。説明書にしたがえば、調理が不得手な人でも店舗とほぼ同じ味になり、満足感もひとしおだ。キットの価格は3,240円(税込、2人前、副菜つき)。


 斬新さと希少性が同居するのが「オムライス鯛焼き」だ。同商品は、ロッテリア(本社:東京都新宿区)が展開する鯛焼き専門店「鯛吉」の新メニューとして誕生したもので、外身はおなじみの鯛。だが中身はチキンライス&チェダーチーズを卵で包んだオムライスだ。片手で楽しめるオムライスという、これまでありそうでなかった新発想の一品だ。ただしこの商品は全国販売ながら、実施は12店舗限定品。まずは事前に店舗のチェックをしておきたい。価格は190円(税込)。


 今冬は、いつもと違うオムライスの味を堪能してみるのもよさそうだ。

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • 僕んちのオムライスは薄焼き玉子にケチャップライスだった チキンライスをくるむのが一般的って知ってびっくり、だって僕んちのチキンライス手間がかかるから 普通は材料切って炒めるだけみたいだけど
    • イイネ!20
    • コメント 10件
  • 世の中にはフワトロオムライスだとか、オムライスはしっかり焼かなきゃ原理主義だとか、色んなオムライスがあるがもう全部好きだ!
    • イイネ!35
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(81件)

ニュース設定