ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > ゲーム > 会社に嫌気がさしたときは「A:逃げる」「B:破壊」さあどっち? “1月病”対策アプリ

会社に嫌気がさしたときは「A:逃げる」「B:破壊」さあどっち? “1月病”対策アプリ

1

2018年01月14日 09:13  日刊SPA!

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊SPA!

写真今日は休みます。
今日は休みます。
◆ゲームコラムニスト・卯月鮎の絶対夢中★ゲーム&アプリ週報

 1月ももう半ばに差し掛かりましたが、未だにお正月気分が抜けず、会社に行くのもダルくて仕方がない……という人もいるかもしれません。五月病と違って“一月病”はあまり言われませんが、お正月休みに海外でパーッと遊んだり、それでなくてもコタツでダラダラと過ごしたりしていたら、気持ちを切り替えるのは大変なものです。

 今回は会社に行きたくないと思ったときに現実逃避できるスマホアプリ2本を紹介します。ゲームの中なら嫌な上司から逃げ出しても、悪の元凶(!?)である会社をメチャクチャに壊しても怒られません。リアルに出社拒否する前に、まずはスマホゲームでストレス解消を!

『今日は休みます。』
iOS、Android/PONOS/基本プレイ無料

『今日は休みます。』は、『にゃんこ大戦争』でおなじみのポノスが12月に配信をスタートしたシンプルなアクション。ジェット噴射するオフィスチェアに乗って会社からオサラバ。追いかけてくる上司に捕まらないようにひたすら距離を稼ぐという“おバカ”な内容です。

 操作はアクセルに当たる噴射ボタンと、バランスを取るためイスをのけぞらせるボタンの2つだけと単純明快ですが、道のあちこちがジャンプ台のようになっていてうまく体勢を保って着地しないと転んで前に進めなくなったり、最悪頭が取れてゲームオーバーになったりしてしまいます。

 逃走距離によって街中、結婚式場、ジャングル、砂漠……とどんどん背景が変わっていくのも楽しいところ。会社を休みたいばかりにジャングルにまで逃げ込んでいるのが、想像するとシュールです(笑)。また、追いかけてくる上司がLINE風にメッセージを続々と送ってきます。「そちらにいくので、話し合いましょう。」「早く出社して下さい。これは業務命令です。」「このままでは人事考課に影響しますよ。」……。ちょっと背筋が寒くなりますね。果たしてこの逃走劇にゴールはあるのでしょうか? 仕事に追われるサラリーマンの悲哀を感じます。

『Smash the Office』
iOS、Android/Tuokio Inc./基本プレイ無料

 もう1本の『Smash the Office』は、サラリーマンのどす黒い夢を叶えてくれる名作として2013年から愛され続ける、フィンランド発の会社破壊アクションです。「会社がなくなってしまえばいいのに」という思いは世界共通なのかもしれません(笑)。

 主人公は黒縁メガネのサラリーマン・スティーブ。無人のオフィスで突如乱心したスティーブを操作して、デスクにロッカー、PCに観葉植物……と、ボタンを連打しまくって何もかも破壊しましょう。1ゲーム60秒というタイムリミットがあり、途中でウォーターサーバーを壊すと残り時間が増えていきます。普通にプレイしていると3、4部屋で終わってしまいますが、爆発する消火器や巨大化するアイテムなどを使って効率よく破壊行為をしていくとオフィスの奥まで進めます。

 ゲーム中にゲットしたコインで武器を購入することも可能。バット、ゴルフクラブ、斧、刀とだんだんとヤバさも増していきます。夢中でボタンを連打しているといつの間にかストレス解消! ただし、現実世界で絶対にマネしてはいけません。

【卯月鮎】
ゲーム雑誌・アニメ雑誌の編集を経て独立。ゲームの紹介やコラム、書評を中心にフリーで活動している。著作には『はじめてのファミコン〜なつかしゲーム子ども実験室〜』(マイクロマガジン社)がある。ウェブサイト「ディファレンス エンジン」

    あなたにおすすめ

    オススメゲーム

    ニュース設定