ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > 高梨沙羅、今季最高の2位 スキージャンプW杯女子

高梨沙羅、今季最高の2位 スキージャンプW杯女子

1

2018年01月14日 12:51  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

写真表彰式で並ぶ(左から)2位の高梨沙羅、1位のマーレン・ルンビ、3位のカタリナ・アルトハウス=細川卓撮影
表彰式で並ぶ(左から)2位の高梨沙羅、1位のマーレン・ルンビ、3位のカタリナ・アルトハウス=細川卓撮影

 ノルディックスキー・ジャンプ女子のワールドカップ(W杯)は14日、札幌市宮の森ジャンプ競技場(HS100メートル)で個人第6戦があり、昨季W杯個人総合1位の高梨沙羅(クラレ)は90メートル、93メートルの231・4点で今季自己最高の2位となり、4戦連続で表彰台に立った。男女を通じて歴代単独最多の通算54勝目は持ち越しとなった。優勝は、95・5メートル、最長不倒の98・5メートルで251・6点のマーレン・ルンビ(ノルウェー)で、3連勝で今季4勝目。昨季W杯個人総合2位の伊藤有希(土屋ホーム)は87メートル、90メートルの218・5点で5位だった。


朝日新聞デジタルで読む

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • 六連星が隠れてるー
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定