ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > IT総合 > 自走で付いてくるスマートスーツケース「Puppy 1」はセグウェイ技術を活用

自走で付いてくるスマートスーツケース「Puppy 1」はセグウェイ技術を活用

1

2018年01月14日 17:02  Techable

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techable

写真写真
中国のスーツケースメーカー90 Funは、自走可能なスマートスーツケース「Puppy 1」を発表した。二輪にもかかわらずセルフバランス式で、持ち主の後を自動追従するというもの。

米国ラスベガスで開かれる国際家電見本市(CES)2018でお披露目され、今年後半にも発売する。
・二輪でも倒れない!
自動で追いかけてくるスマートスーツケースはこれが初めてではないが、Puppy 1の特徴は二輪であること。キャスターが付いたスーツケースを思い浮かべてもらえばわかるが、四輪でなければ通常スーツケースは倒れてしまう。

しかしPuppy 1は、二輪でも自動でバランスをとり、追従する。これは、戦略パートナーであるセグウェイの技術によるものだ。

90 Funによると、セルフバランス式の自動追従スーツケースとしては世界初なのだという。
・リモート操作にも対応
このスマートスーツケースはチップを活用して持ち主の後を自動で追従するとのことだが、一応ハンドルもついている。また、リモートコントロールにも対応する。

公開された写真を見ると、機内などへの持ち込みも可能なキャリーのようだが、サイズや作動時間、価格など詳細については明らかになっていない。

旅行時は往々にして両手がふさがってしまうことが多い。スーツケースを持たないで済むのであれば、より身軽に旅を楽しむことができそうだ。

90 Fun

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • リモコンで個別認識は出来るとしても走行方向の制御はどうやってるのか興味ある。 超音波とか赤外線かな?
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定