ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > 男子滑降、強風で15日に延期

男子滑降、強風で15日に延期=スーパーGも変更〔五輪・アルペン〕

19

2018年02月11日 10:30  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 【平昌時事】平昌五輪第3日の11日、韓国の旌善で行われる予定だったアルペンスキーの男子滑降が強風のため15日に延期された。これに伴い、15日の男子スーパー大回転は16日に変更された。

 国際スキー連盟(FIS)によると、会場の旌善アルペンセンターに吹く突風は最高時速72キロで、強風は終日続く見込み。審判と大会組織委員会の判断で日程変更が決まった。 

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • 遠くに風力発電の羽根が見えるもん。こんな所にジャンプ台やらは普通作らないと専門家は言ってた。
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • ジャンプノーマルヒルの葛西選手が、寒いし強風だし普通中止でしょうexclamationと心の中で思ったそうですが、韓国はショートトラックしか強くないから関心薄いのかな…ジャンプ台も変な作りだし。
    • イイネ!21
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(14件)

ニュース設定