ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > スノボ鬼塚 大技出せず19位に

鬼塚雅悔し…大技出せず19位「五輪好きじゃない」

104

2018年02月12日 15:20  日刊スポーツ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊スポーツ

写真決勝を終え悔しそうに引き上げる鬼塚雅(撮影・黒川智章)
決勝を終え悔しそうに引き上げる鬼塚雅(撮影・黒川智章)

<ピョンチャン五輪:スノーボード>◇12日◇女子スロープスタイル決勝



 鬼塚雅(19=星野リゾート)が39・55で19位に終わった。


 11日の予選が強風で中止になり、出場26人全員が2回の演技で順位を決める方式となった決勝。逆転を狙った決勝2本目の1つ目のジャンプで大きな1回転半を決めるが、その後のジャンプで大技を出せず得点は伸びなかった。「自分の滑りが出来なくて悔しい」「五輪あまり好きじゃないと思いました」。鬼塚は唇をかんでこう振り返った。


 熊本市出身。5歳でスノーボードを始めると、小学生時代は両親どちらかが運転する車で、片道約2時間の距離にある福岡市内の施設に通い、腕を磨いた。7歳の時にはすでに「世界一になる」と目標を掲げた。8歳で大手用具メーカーとスポンサー契約を結ぶなど幼少期から、その才能は注目されていた。当時15歳だった14年ソチ五輪は出場こそ逃したが、翌年の世界選手権は16歳3カ月の若さで制し、17年世界選手権も銅メダルを獲得していた。


 W杯で今季はスロープスタイル1度、ビッグエア2度の2位。昨年末に、平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)代表に選出されると、五輪前全ての大会を欠場。試合から離れ、時間をすべて練習に充てた。異例の調整で臨んだ初の五輪でも実力を発揮。世界トップライダーであることを証明していた。【上田悠太】

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • 「五輪好きじゃない」なんて公言しておきながら、どうせ次も狙うんでしょ?好きじゃないなら、「次はもう出るな!」と言いたい。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • まともに滑れたのが5〜6人というぐらい風が強かった。失敗できひん2回目というのにジャンプ寸前に風が吹いて急にストップをかけて中止した選手もいたぐらい。こりゃ場所が悪すぎる
    • イイネ!66
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(67件)

ニュース設定