ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > いす-1GP、YouTuberを募集中

来たれユーチューバー いす−1GPで再生回数競おう

24

2018年02月13日 15:02  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

写真事務用いすで競走する「いす―1グランプリ」=昨年3月25日、京田辺市
事務用いすで競走する「いす―1グランプリ」=昨年3月25日、京田辺市

 京都府京田辺市で3月24日、キャスター付き事務用いすに座り、180メートルの周回コースを2時間走る耐久レース「いす―1グランプリ」が開かれる。9回目となる今年の目標は世界発信。動画投稿サイト「ユーチューブ」での再生回数を比べ、最多だった投稿者に5万円を贈る。実行委員会は参加するユーチューバーを募集中だ。


 新企画「ユーチューバーレース」への参加は、ユーチューブにチャンネルを開設し、再生された回数が1万回を超えていることが条件。自らもいすで競走したり、参加選手にカメラを付けて撮影したりして指定日時に投稿する。


 動画の公開を始めてから1週間で、どれだけ再生されたかで勝負。1位に5万円、2位に2万円、3位(3人)に各1万円の賞金が贈られる。


 実行委員長の田原剛さん(48)は、近鉄新田辺駅前のキララ商店街の事業協同組合理事長。グランプリは2010年に同商店街で始まり、今年度の開催地は国内外18カ所に増えた。


 田原さんは「今年は世界へPRする最初の年。20年の東京五輪に合わせ、大きなイベントができたら」と夢を膨らませる。


 ユーチューバーレースの希望者は28日までに、メール(youtuber@isu1gp.com)で申し込む。問い合わせは田原さん(090・8827・9666)。(伊藤誠)


朝日新聞デジタルで読む

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • 有名なYouTuberが来たら勝ち目ないなw
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • これ、京田辺の商店街が町おこしに始めたが、今や北海道から九州まで日本全国+更に海外でもレースが開かれているとか何とか。2017年度だけで19レースってどんだけ出世したんだよ。
    • イイネ!4
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(15件)

ニュース設定