ホーム > mixiニュース > 地域 > 岐阜・平湯大滝:巨大な氷柱、幻想的に 試験点灯

岐阜・平湯大滝:巨大な氷柱、幻想的に 試験点灯

3

2018年02月13日 21:33  毎日新聞

  • 限定公開( 3 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

毎日新聞

写真試験点灯で浮かび上がった平湯大滝の氷柱=岐阜県高山市奥飛騨温泉郷で2018年2月13日午後5時51分、大竹禎之撮影
試験点灯で浮かび上がった平湯大滝の氷柱=岐阜県高山市奥飛騨温泉郷で2018年2月13日午後5時51分、大竹禎之撮影

 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯の平湯大滝が13日、「結氷まつり」を前にライトアップされた。幅6メートル、落差64メートルの滝は凍って巨大な氷柱になっており、白や青、緑の光に照らされ、周囲は幻想的な雰囲気に包まれた。


 平湯大滝は標高約1450メートルに位置し、夜間は氷点下10度前後の厳しい冷え込みにさらされる。滝は1月下旬から凍り始め、2月上旬にほぼ完全に凍り付いた。滝つぼ付近は雪が2メートルほど積もり、凍結した滝のしぶきとともに静寂の世界をつくり出している。


 13日は試験点灯で、結氷まつり(15〜25日)の期間中は午後6〜9時にライトアップされる。平湯温泉観光協会の山田幸一副会長は「駐車場から滝まで約800メートルを歩き、雪景色も楽しんでほしい」と話した。【大竹禎之】


    あなたにおすすめ

    ニュース設定