ホーム > mixiニュース > 政治 > 厚労省案「極めて不十分」=自民たばこ規制派、決議

厚労省案「極めて不十分」=自民たばこ規制派、決議

2

2018年02月14日 16:00  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 飲食店などでの受動喫煙対策をめぐり、一定面積以下の既存店は例外的に喫煙を認める厚生労働省案について、自民党の受動喫煙防止議員連盟(会長・山東昭子参院議員)は14日の緊急総会で、「極めて不十分な内容」と批判し、店舗面積にかかわらずスナック・バー以外は原則屋内禁煙を求める決議をまとめた。近く自民党や首相官邸、厚労省に決議文を提出する。

 決議は「命と健康を守る権利が、たばこを吸う自由より優先されるべきだ」と強調。加熱式たばこ専用席の上限規制を設けるよう提言し、屋外喫煙所を整備する際の負担をたばこ会社にも要求すべきだとした。 

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • 命と健康を守る権利、だと?独善・宗教だろ!無論、喘息持ちと同席するときに煙草を喫わないのは当前だ。…店に表示を義務づけ、消費者に選択の自由を与えるのか何故許されない?禁煙ファシスト死ね!
    • イイネ!1
    • コメント 1件
  • 命と健康を守る権利、だと?独善・宗教だろ!無論、喘息持ちと同席するときに煙草を喫わないのは当前だ。…店に表示を義務づけ、消費者に選択の自由を与えるのか何故許されない?禁煙ファシスト死ね!
    • イイネ!1
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定