ホーム > mixiニュース > 政治 > 依存症法案、一本化目指す=与野党が協議

依存症法案、一本化目指す=与野党が協議

9

2018年02月14日 16:05  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 ギャンブル依存症対策のための基本法案をめぐり、自民党、公明党、日本維新の会、希望の党などは14日、国会内で会合を開いた。与野党は計3本の法案を提出しており、カジノを含む統合型リゾート(IR)の議論を前に、法案の一本化に向けた協議を進める。

 与野党は対策法案の今国会での成立を目指している。この日の会合には立憲民主党、共産党などの一部野党が欠席した。自民党の中谷元・元防衛相は会合後、「できるだけ全党がそろった形を目指したい」と述べた。 

あなたにおすすめ

このニュースに関するつぶやき

  • ギャンブル依存が問題ならば、パチンコを全面禁止にしろよ。一番手っ取り早いわ。 https://mixi.at/a3syR3C
    • イイネ!12
    • コメント 0件
  • ブサヨ依存症=史実を認めなくなる、火病を発症する、気違いになって連投する、日本語が読めない&書けなくなる、最高裁判決に従わなくなる。…これ等の症状が出たら、お近くの精神病院に!
    • イイネ!18
    • コメント 5件

つぶやき一覧へ(8件)

ニュース設定