ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > お風呂掃除面倒くさい派が見直すべき お風呂を汚す悪習慣3選

お風呂掃除面倒くさい派が見直すべき お風呂を汚す悪習慣3選

2

2018年03月12日 18:02  ママテナ

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママテナ

写真お風呂掃除面倒くさい派が見直すべき お風呂を汚す悪習慣3選
お風呂掃除面倒くさい派が見直すべき お風呂を汚す悪習慣3選

●ものを床に置きっぱなし!

お風呂用の椅子や子どものおもちゃなど、床に置きっぱなしにしている家も多いのでは? でもおもちゃをしばらく使わなかったときに、ふとどかすと床が真っ黒に…。お風呂の椅子も毎日使っているからと油断していると、裏返したときにゾッとしたなんて経験をしたママも多いのでは?

たったひと晩ものを置きっぱなしにしただけでも、湿気が多く石けんカスなどが飛びやすいお風呂場では、ぬめりや汚れの原因になることが多いです。カミソリやおもちゃは毎日入浴時に持参し、出るときには一緒に持っていくようにしましょう。お風呂の椅子は出るときに熱めのお湯を全体にかけるだけでもだいぶ汚れにくくなるようです

●立ってシャワーは汚れ範囲が2倍に!?

体や髪を洗ったあとに、シャワーで流す人は多いと思います。でも、立ってシャワーで流す場合、座ってシャワーを使うときより、泡や汚れが飛び散る範囲は2倍になるそうです。特に背の高い男性が立って勢いよく髪を洗うと、天井にまで汚れが飛び散ることもあるんだとか。

自分だけでなく家族全員の協力も必要ですが、もし椅子がなかったり、シャワーヘッドが自由に動かせない浴室などの場合は、入浴後に壁や床をしっかりシャワーで流しておいてもらうようにするのも汚れ対策として有効だそうです。

●入浴以外の利用を避ける

ペットを入浴させたり、子どもの靴を洗ったりと、浴室は入浴以外にも使われることが多いです。でも、ペットの毛などは人間の毛よりも汚れや細菌が付着したり、繁殖したりしやすく、靴にはさまざまな細菌が付着していることが多いんだとか。

極力入浴以外の利用は避け、必要な場合でも1回でまとめてすませるようにし、終わったら床や排水口などをしっかり掃除しておくと、ニオイや汚れを防げるそうです。

一日の汚れを落としてサッパリする場所のはずの浴室が、汚れだらけではとても風呂上がりを気分良く過ごすことなんてできなそう。日頃から浴室を汚れづらくなるよう意識すれば、苦手な風呂掃除もぱぱっと手早くこなせるようになるかも?
(文・姉崎マリオ)

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定