ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > IT総合 > 騒音ゼロの仮想通貨マイニング専用マシン「QC-1」はヒーター機能も

騒音ゼロの仮想通貨マイニング専用マシン「QC-1」はヒーター機能も

1

2018年03月14日 22:02  Techable

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techable

写真写真
「QC-1」は、フランスのスタートアップ企業「Qarnot computing」によって開発された、ヒーター機能を兼ね備えた仮想通貨マイニング専用マシン。

空間を暖めながら、ブロックチェーンをベースとする様々な取引や仮想通貨をマイニングできるのが特徴だ。
・仮想通貨をマイニングしながら空間を暖める専用マシン
フランスのモンジュールで2010年に創設された「Qarnot computing」は、インターネットに接続でき、熱源としても活用できる、マイクロプロセッサを搭載した世界初のコンピューティングヒーター「Q.rad」を開発したことで知られている。

「QC-1」は、独自の特許技術や「Q.rad」での実績、ノウハウを活かし、5年間をかけて開発された。

ボディには木材やアルマイト(陽極酸化アルミ)を採用し、パフォーマンスと安定性に優れたグラフィックボード「SA-NITRO + RX 570」を2枚搭載。

幅65センチ、高さ62.5センチ、奥行き15センチのシンプルなデザインで、ファンやハードドライブなどのパーツを組み込む必要はなく、運用時に騒音が生じることのない静音設計となっている。

また、モバイルアプリやウェブアプリを通じて、「QC-1」の設定をモニタリングでき、マイニングのレベルやヒーターの稼働モードを作動させることが可能だ。
・高いデザイン性と静音設計が魅力
部屋を暖めながら仮想通貨をマイニングする専用マシンとしては、キプロスのスタートアップ企業「Comino」が開発した「COMINO N1」もリリースされているが、とりわけ、「QC-1」は、高いデザイン性と騒音ゼロの静音設計が魅力だ。

「QC-1」は、現在、「Qarnot computing」の公式オンラインショップにおいて、2900ユーロ(約38万円)の価格で販売されている。(文 松岡由希子)

Qarnot computing

このニュースに関するつぶやき

  • PentiumIIのセレロン450MHz程度をコタツの中に仕込んで、それでドブロクを作りつつ、UnitedDevicesも回していた私からしたら浅はかなマシーンで御座います。38万円あったらもっと面白いの組むわ
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定