ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 真島ヒロの「新人時代」に反響

『FAIRY TAIL』真島ヒロが語った新人時代のエピソードに大反響!

179

2018年03月18日 20:12  ダ・ヴィンチニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ダ・ヴィンチニュース

写真『FAIRY TAIL』63巻(真島ヒロ/講談社)
『FAIRY TAIL』63巻(真島ヒロ/講談社)

 2018年3月14日(水)発売の『週刊少年マガジン』15号に、人気マンガ『FAIRY TAIL』の原作者である真島ヒロの特別インタビューが掲載された。今年でデビュー21年目を迎えた真島が、インタビューの中で明かした新人時代のエピソードに反響が上がっている。

『RAVE』や『FAIRY TAIL』といった数多くのファンタジー作品を生み出してきた真島だが、編集部に持ち込みをしていた頃の同誌では“不良”や“スポーツ”を題材にした硬派な作品が多かったそう。しかし真島はファンタジーマンガを持ち込み続け、当時を「マガジンにファンタジーがあまりなかったので、売りになったのではないかとも思っていました」と振り返っていた。

 そんな真島は持ち込みをするまで、自分の作品には自信があってダメな部分なんてないと思っていたと告白。編集者からアドバイスを受けたことで初めて自分の欠点が見えてきたと語る。ちなみにその頃よく言われていたのは「女の子が可愛くないから、もっと可愛く」ということで、今でもすごく印象に残っていると明かした。真島は“可愛い子”を描けるようになるため、世間一般に可愛いと言われている女の子を模写して練習を重ねていたらしい。

 インタビューの最後で真島は「大人になってやる好きなことぐらい真面目にやらなくてどうすると。その好きなものに対する意地が大事なのかなと思います」と熱いメッセージを残している。

 インタビューを読んだファンからは「ヒロ先生ものすごく絵が上手くなったよな。根底には編集のアドバイスもあったのか」「確かに『RAVE』が連載されてた当時はファンタジー作品なんてほとんどマガジンで連載されてなかったね」と感心する声が上がっていた。

 なお今号の新連載で、西尾維新×大暮維人による『化物語』のコミカライズが始動。同作の最後には、ヒロイン・戦場ヶ原ひたぎのイラストが真島から寄せられている。インタビューと合わせて真島の描く戦場ヶ原もチェックしてみよう。

 そして次号16号ではインタビュー後編が掲載予定。後編ではどのようなことが語られているのか…。ファンはもちろん、漫画家志望の人も必見だ。

img02
『週刊少年マガジン』15号(講談社)


動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 確かに連載された時にジャンプっぽいと思った記憶がある(笑)
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • ワンピースに似てるよね。・・・・・・・・というとクドクド怒る人時々いない?
    • イイネ!89
    • コメント 8件

つぶやき一覧へ(99件)

あなたにおすすめ

オススメゲーム

ニュース設定