ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > IT総合 > ハイレゾ&Googleアシスタント搭載のLG製のスマートスピーカーがプレオーダー開始

ハイレゾ&Googleアシスタント搭載のLG製のスマートスピーカーがプレオーダー開始

0

2018年03月20日 22:01  Techable

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techable

写真写真
LGは、Googleアシスタントを搭載するスマートスピーカー「ThinQ」のプレオーダー受け付けを北米で開始した。

価格は197ドル(約2万1000円)。ブームの火付け役Amazon Echo(第二世代)などに比べ、ややお高め設定となっている。
・LGスマート家電のハブに
他のスマートスピーカー同様、ThinQ スピーカーもAIを活用していて、話しかけて天気予報やニュースなどの情報を入手したり、音楽を聴いたりすることができる。もちろんスマート家電の操作にも対応する。

特にポイントとなるのが、LGブランドの家電との連携。LGはスマート家電ブランド「ThinQ」を発表していて、そこにはルンバのような掃除機ロボットや、冷蔵庫、空気清浄機が含まれている。今回プレオーダーを開始したスピーカーはそうしたスマート家電のコントロールハブとなる。
・ハイレゾ対応
最近はさまざまなメーカーがスマートスピーカーの開発に力を入れていて、主なものだけでもAmazon Echo、Google Home、LINE Clova、Apple Homepodなどが挙げられる。

実際のところ、互いにどう差別化を図っていくのか、メーカーは苦慮しているところで、消費者側からしてもどれが一番自分のニーズに合っているのか悩むところだ。

そうした意味で、今回のThinQスピーカーは、音声識別能力が高いなどと高評価のGoogleアシスタントを採用している点、LG家電との連携がスムースな点、それからハイレゾ対応の高音質が売りとなる。

北米マーケット以外での投入については現在のところ発表されていない。

LG

    あなたにおすすめ

    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定