ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > モバイル > PHS「京ぽん」いま使ってみた

さよならPHS。往年の名機「京ぽん」をいま使ってみた 11万画素のカメラで写す、2018年の東京

172

2018年03月31日 11:42  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真PHSを代表する名機・「京ぽん」こと「AH-K3001V」
PHSを代表する名機・「京ぽん」こと「AH-K3001V」

 1995年にサービスが開始され、その安さと通話品質の良さで、根強いファンがいた日本発の簡易携帯電話サービス「PHS」。そのPHSは2018年3月31日で新規受付を終了します(法人向けのテレメーター用プランを除く)。



【その他の画像】



 PHSの中でも大ヒット商品だったのが、2004年に発売された京セラのAH-K3001V、通称「京ぽん」でした。日本初のフルブラウザ搭載ケータイであり、当時は画期的だったパケット定額制にも対応。



 「月々4200円程度で、PCサイト閲覧も含めたインターネットが使い放題」という夢のような環境に、熱狂の渦が巻き起こりました。発売後数カ月は品薄が続き、入手困難の状態だったのです。



 このヒットのおかげで、当時既に落ち目と考えられていたPHSは一気に息を吹き返しました。さらに日本におけるスマートフォンの先駆けだった「W-ZERO3」のヒットなど、当時のケータイシーンに間違いなく旋風を巻き起こしたのも、このPHSだったのです。



 筆者も初めて持った端末はPHSで、京ぽんを愛機として使い倒したことを懐かしく思い出します。そこで思いました。「PHSの新規受付が終わる前に、京ぽんをもう一度使えないか?」。14年の時を越えて、今それを実行に移します。



●初代「京ぽん」は新規受付不可……



 筆者は意気揚々とネットオークションでAH-K3001Vを調達し、過放電のために動かないバッテリーを何とか復活させてワイモバイルショップへ向かいました。しかし、店員さんから聞いたのはまさかの「この機種は新規受付ができない」の返事。



 実は2012年3月に、初代京ぽんことAH-K3001Vなど、古い機種の多くが新規受付を終了していたのです。京ぽんが使えない……目の前が真っ暗になりました。



●「京ぽん改」なら新規契約できた!



 しかし「京ぽん」と呼ばれたモデルの中で「WX300K(2005年発売)」の新規受付がまだできることが判明。こちらも「京ぽん改」と呼ばれ、初代京ぽんのデザインやメニューレイアウトをほぼ踏襲したまま、若干のパワーアップがされた名機として知られていました。



 ならば京ぽん改を手に入れよう! そうしてまたネットオークションを駆使し、今度はWX300Kをゲット。その足でワイモバイルショップへ向かい、ようやくPHSを新規契約できました。



●ディスプレイはわずか2.2型



 10年以上ぶりに手にした京ぽん。2つ折りの電話機を、開いたり閉じたりする際に、ヒンジが「カチッ」と鳴る気持ちよさがたまりません。ボタンを押す際の「ポチポチ」鳴る音も、久しぶりに聞いたように思えます。



 USB端子は、いま主流のmicroUSBやType-C などではなく、Mini-B。あの「引っ張って伸ばすアンテナ」も付いています。ディスプレイは今見るとかなり小さい、2.2型。これぞまさしく純度100%のガラケーです。



●「おすすめブックマークサイト」の多くがサービス終了



 やはり使いたくなるのは、当時鳴り物入りだったOperaブラウザです。なおブックマークの「おすすめ」には幾つかのサイトがプリセットされ、無料・有料の情報サイトを利用できました。



 現在ではほとんどのサービスは終了し、見ることができませんが、「時事通信ニュース」「日経マネー&スポーツ」「ATIS交通情報」「懸賞 当選の日々」「ゴルフPAR72」などは今も閲覧できました。まだ生きているのか、すごいな……。



●「京ぽんだー! 何でもできるぞー」は2018年でも通用するか



 それでは、当時のネット好きを魅了した京ぽんで、本格的なブラウジングを行ってみましょう。



 当時は「わーい京ぽんだー! 何でもできるぞー」とモナーがはしゃぐAAが2ちゃんねるなどで大人気になっていましたが、「何でもできる」存在だった京ぽんは、この2018年においても「何でもできる」のでしょうか? おそるおそるトライしてみます。



 いきなり……ページが開くのが遅いです。スピードテストによると、そのスピードは74Kbpsほど。おそらく4xパケットを採用していると思われます。これは、32Kbpsのパケットを4つ束ねて使うもので、64kbpsが最高だった当時のモバイル界の中では最大128Kbpsという夢の高速を実現したPHS自慢の技術でした。しかし今となってはかなりの遅さ。



 4xパケットは、当初1万円近くした高級なモバイル回線でした。しかし、LTEの速度に慣れてしまった現在では、とても使い物にならないスローさ。思わず地団駄を踏んでしまうほどの低速です。そのため、どうにか快適にブラウジングするには「画像をオフ」にするしかありません。このテキストのみのネットサーフィン、昔を思い出します。



●Twitterはどうにか見られた!



 いまをときめくサイトは、果たしてつながるのでしょうか。まずはTwitterです。変な表示にはなりますが、何とかギリギリ使えました! PHSからのツイートも反映されています。しかしなかなかタイムラインが見づらい、詰め込みレイアウトです。



 続いてFacebook。こちらは「メモリが不足しています」と出て、全くページを開くことができません。Amazonもなぜかログインができず、YouTube、ニコニコ動画はろくに動画ウィンドウも表示されずアウトでした。



●ガラケーの味方、mixiは今でも快適に使用可



 しかしここで面目躍如がやはりmixi。今も残る「mixiモバイル」からページを開くことができました。当時のガラケー全盛時代に作られていただけあって、とても使いやすいです。もしガラケーを持つことになったら、mixiの更新頻度が飛躍的に増えそう。



●京ぽん、Googleからダメ出しされる



 続いてはGoogleマップへ。しかしページに入ると、「サポートされていないブラウザです。古いブラウザにはセキュリティ上のリスクがあり、しかも動作が遅く、Googleマップの新機能には対応していません」と、完膚なきまでにダメ出しを受けてしまいました。



 気を取り直して、今度はGoogle画像検索へ。しかし、画像検索なのに、肝心の画像が出てこないという惨状です。さすがに10余年の歳月は大きかったということでしょう。



 それにしても、「メモリが不足しています」と「サーバー証明書一式が不完全です(中略)承認しますか?」があまりにも頻発します。特に後者が1つの読み込みのうちに何度も連発するので、それにわざわざ「OK」を押すのが大変。



 当時使えたサイトも、サービスを中止しているページが極めて多いです。また当時はまだ「2ちゃんねる」が全盛の時代。当時筆者も京ぽんで良く見た「携帯版2ちゃんねる」にもアクセスしましたが、「このアドレスはもう利用できません」という悲しいアナウンスが流れ、サイトに入れませんでした。



 PCと同じレイアウトで見られるのがウリだった「フルスクリーンモード」にしても、「メモリ不足」のメッセージが頻発して見られません。今のサイトがそれだけ重くなったということでしょうか……。



 当時いち京ぽんユーザーであった筆者としては心苦しいのですが、「京ぽんだー 今じゃ(ほぼ)何もできないぞー!」とでも言うべき状態になっていました。



●メーカーの公式サイトは安心して使える



 そんな京ぽんですが、ワイモバイルの公式サイトと、京セラの公式サイト(サイトK)は、今でも比較的快適に閲覧できます。しかも放置されているわけではなく、逐一更新がなされているもようです。このスマホ全盛のご時世に、よく日々更新しているな……と頭が下がります。



 ワイモバイルサイトはYahoo!をほうふつとさせる少し現代的な作り。それとは対照的に京セラの「サイトK」の方は、「着信メロディ」「待受け」「占い」という3つのメニューから分かるように、昔ながらの作りです。ガラケー時代を知っている者から見ると、郷愁を思わずにはいられません。いつまでも残ってほしい。



●PHSの身上「音質」はどう?



 当時PHSの通話音質は、長らく携帯電話をしのぐものとされてきました。それは、いま聞いても良い音と思えるのでしょうか? 試しに電話をかけてみました。



 今の携帯電話の高音質規格VoLTEに比べると「クリア」さがほんの少しだけ落ちるかな……というぐらいで、懐かしい力強さを感じる確かな音。2018年でもまだまだ現役で戦える音質に思いました。



●11万画素のカメラで写す、2018年の東京



 さて、ここでネットにつなげなかった初代「京ぽん(AH-K3001V)」の出番です。当時「京ぽん」でうれしかったのはカメラ。11万画素という低画質ですが、とにかく目の前の光景を手軽に写真に収められることが楽しくて仕方がありませんでした。



 それでは14年の時を超え、この「11万画素」の京ぽんを持って東京の街に出てみましょう。被写体は、当時はまだできておらず、京ぽんが写すはずのなかった建物たちです。



 まずは2012年に開業した東京スカイツリーへやってきました。先に現在の筆者のスマホSO-02J(SONY)で撮影します。さすが約2300万画素を誇るだけあり、キレイに撮影。



 対して11万画素の京ぽんは……画素のつぶつぶが見えるほど極めて粗い画質です。(※画像は【関連記事】参照)14年前はこれで満足できていたことを思うと、時の流れを感じざるを得ません。



 次は豊洲市場。小池都知事と自民党が侃侃諤諤とやりあった揚げ句、築地からの移転が決まった新しい市場も、京ぽんの11万画素カメラにかかればこのような写真になります。まるで砂上の楼閣のようにはかない写り方で、本当に消えてしまいそう。



 東京オリンピックへ向けて建設中の新国立競技場もこのありさまです。通行人の顔へのぼかしも(そもそもつぶれているので)必要ありません。2020年の東京をふと思うと、2年後の東京で躍動している選手たちをこれで撮りたくなってきてしまいます。



 現在のクリアな画像とは全く比較にならないほどの画像の粗さ。しかし、これでも当時は撮影できる喜びの方が勝っていました。今見ると、写真ではなくどこか油絵のような雰囲気をまとっているように見える、と言ったら、褒めすぎでしょうか。14年という時の流れは、それだけのことを感じさせるほどの長さだったのです。



●「世界を驚かせたPHS」のエンディングロード



 安い値段でケータイを持つ楽しさを教えてくれたPHS。通話音質の良かったPHS。携帯電話にはない独自色のある端末やサービスを生み出し、売上減の大ピンチからよみがえってみせたPHS。



 今度ばかりはとうとう役割を終えることになりそうですが、いち早くモバイルインターネット時代を呼び起こしてくれたPHSは、ネット社会が大衆に浸透する大きな一歩にもなりました。



 実は日本発の技術であるPHSはアジアでも受け入れられ、特に中国では05年3月の時点で7000万回線もの契約を集めており人気でした。しかしその後は携帯電話へ力を入れる国策やスマホの台頭などで押され、尻すぼみになっていったそうですが、その活躍は世界の通信史に残り続けます。



 18年3月末で法人向けのテレメーター用プランを除き新規受付は終わりますが、今後もサービス自体は継続していくPHS。既に停波へのカウントダウンがはじまったといわれますが、6年間愛用していた元ユーザーとして、せめて2020年の東京オリンピックまでは、世界を驚かせた「PHS」サービスが続くことを願ってやみません。


このニュースに関するつぶやき

  • AH-K3001Vまだ持ってる。パスワード忘れて開けないけど���顼�áʴ���今はWX340K使ってるけど、ネットしてるときにメールが来ると、いったんブラウザ閉じないと見れないので、その点はAH-K3001Vのほうが良かったな〜 往年の名機「京ぽん」をいま使ってみた 11万画素のカメラで写す
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • >●ガラケーの味方、mixiは今でも快適に使用可  その通りです。@ー@ わたくしは、2004年から、ずっと京ぽんのガラケーとmixiを愛用しています。
    • イイネ!66
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(81件)

あなたにおすすめ

ニュース設定