ホーム > mixiニュース > スポーツ > 格闘技 > 村田 日本選手初ミドル級防衛

体重超過で王者剥奪の比嘉、TKO負け プロ初黒星

182

2018年04月15日 21:35  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

写真1回、ロサレスを攻める比嘉大吾(奥)=池田良撮影
1回、ロサレスを攻める比嘉大吾(奥)=池田良撮影

 プロボクシングのダブル世界戦が15日、横浜アリーナであり、世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王者の村田諒太(32)=帝拳=が、エマヌエーレ・ブランダムラ=イタリア=に8回TKO勝ちした。世界的に層の厚いミドル級での防衛成功は日本選手として初。


 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級は体重超過で王座を剝奪(はくだつ)された前王者の比嘉大吾(22)=白井・具志堅スポーツ=が、同級2位のクリストファー・ロサレス=ニカラグア=に9回1分14秒でTKO負けした。比嘉はプロ初黒星で、日本新記録の16戦連続KO勝利はならなかった。ロサレスは新王者になった。


朝日新聞デジタルで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 比嘉選手がこうなるのは予想はできてた。試合ペースも大幅な減量も、野木さんはどう思ってたんだろうな。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 一方村田選手。インタビューの時ゲンナジー・ゴロフキンの名前を出したね!その前に村田選手にはビリー・ジョー・ソーンダースに勝ってもらって、GGGvs村田で4団体王座の統一戦が見たい!!
    • イイネ!52
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(127件)

あなたにおすすめ

ニュース設定