ホーム > mixiニュース > スポーツ > 格闘技 > 故斉藤仁さんの次男、斉藤立がV 鮮烈デビュー飾る

故斉藤仁さんの次男、斉藤立がV 鮮烈デビュー飾る

3

2018年04月16日 14:38  日刊スポーツ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊スポーツ

写真斉藤立
斉藤立

<柔道:ロシア・ジュニア国際大会>◇15日◇サンクトペテルブルク



 「重量級のホープ」が世界で存在感を示した。男子100キロ超級は五輪王者の故斉藤仁さん(享年54)の次男、斉藤立(16=東京・国士舘高)が優勝した。国際大会初出場で、4試合オール一本勝ちの鮮烈なデビューを飾った。


 決勝は延長の末、カマロフ(ロシア)に大外刈りで勝負を決めた。この日、自身のツイッターを更新し「ロシアジュニア優勝できました。多分いい報告ができたと思います。応援ありがとうございました。また頑張ります」と喜びをつづった。


 高校2年で190センチ、155キロ、足のサイズは34センチの大器。体格は小5で父を超え、いまだ成長途中だ。パワーでは大学生や社会人にも引けを取らない。最重量級でありながらも多彩な足技に磨きをかけ、可能性は無限大だ。15年1月に父が死去後、柔道に対する考え方が変わり「お父さんの偉大さが分かった」という。20年東京オリンピックも視野に入れ「金メダルを取って両親へ恩返ししたい。体だけでなく、結果でもお父さんを超えたい」と壮大な夢を語っていた。


 3月の全国高校選手権では国士舘高を3年ぶりの優勝に導き、全日本柔道連盟の山下泰裕会長は「今まで見てきた重量級選手で可能性は最高」と絶賛していた。

このニュースに関するつぶやき

  • お父さんは僕の学校の後輩でした、寒げいこで組手したこともあります。ご立派に素出ててくれて奥さん有難う。
    • イイネ!7
    • コメント 3件
  • お父さんに顔もよく似ていますね。
    • イイネ!15
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(3件)

あなたにおすすめ

ニュース設定