ホーム > mixiニュース > トレンド > 昭和初期の着物を使用したアロハシャツが並ぶ「日本のアロハシャツ展」開催

昭和初期の着物を使用したアロハシャツが並ぶ「日本のアロハシャツ展」開催

0

2018年04月17日 18:13  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真日本のアロハシャツ展 Image by: ACME
日本のアロハシャツ展 Image by: ACME
 渋谷のジャーナル スタンダード スクエア(JOURNAL STANDARD SQUARE)で、シャツデザイナー西村昌子による「日本のアロハシャツ展」が開催される。会期は5月3日から13日まで。

 西村昌子は1962年大阪府生まれ。着物素材を活用したシャツを製作しており、1997年にはアロハシャツブランド「SHOW」を設立。国内外で個展を開催している。
 「日本のアロハシャツ展」では、全国各地で集めた昭和初期の着物を組み合わせた一点物のアロハシャツ約60着を展示販売。このほか、足袋やコースターなどの小物作品、ジャーナル スタンダード スクエアが別注した風呂敷などが展開される。
■日本のアロハシャツ展会期:2018年5月3日(金)〜5月13日(土)場所:JOURNAL STANDARD SQUARE住所:東京都渋谷区神宮前6-19-20 第15荒井ビル 1FTEL:03-5778-9205営業時間:11:00〜20:00 不定休

    あなたにおすすめ

    ニュース設定