ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > 日本ハム清宮7回の“プロ初安打”に続き9回も安打

日本ハム清宮7回の“プロ初安打”に続き9回も安打

1

2018年04月17日 20:42  日刊スポーツ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊スポーツ

写真9回表日本ハム無死、右前打を放つ清宮(撮影・野上伸悟)
9回表日本ハム無死、右前打を放つ清宮(撮影・野上伸悟)

<イースタン・リーグ:楽天4−1日本ハム>◇17日◇楽天生命



 日本ハム清宮幸太郎内野手(18)が“プロ初安打”を放った。


 「3番一塁」でスタメン出場。2点を追う、7回先頭の第3打席だった。この回から登板した楽天安楽の5球目、直球系146キロを捉え、左中間越え二塁打を放った。イースタン・リーグでは出場5試合13打席目での初安打となった。


 9回の第4打席も楽天小野の初球149キロを右前にはじき返し、2安打目を記録した。


 この試合、1回1死一塁の第1打席は遊飛、4回先頭の第2打席は中飛に終わっていた。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定