ホーム > mixiニュース > 海外 > 21歳娘を摂食障害で亡くした母

21歳娘を摂食障害で亡くした母、悲しみを吐露するとともに世間へ注意喚起(北アイルランド)

199

2018年04月20日 21:22  Techinsight Japan

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

写真21歳でこの世を去ってしまったソフィーさん(画像は『The Sun 2018年4月16日付「MUM’S AGONY My beautiful girl died at 21 after a seven-year battle with anorexia caused by her ‘puppy fat’ obsession」(IMAGE: SHARON BRIDGES)』のスクリーンショット)
21歳でこの世を去ってしまったソフィーさん(画像は『The Sun 2018年4月16日付「MUM’S AGONY My beautiful girl died at 21 after a seven-year battle with anorexia caused by her ‘puppy fat’ obsession」(IMAGE: SHARON BRIDGES)』のスクリーンショット)
成長期だった10代の頃にダイエットとエクササイズにハマった少女は、拒食症と過食症を繰り返す摂食障害に陥り7年間闘い続けてきた。しかし今年3月、彼女は21歳の若さでこの世を去ってしまった。娘を亡くした母親は摂食障害がどれほど危険であるかを他の人にも知って欲しいと、悲しみの中で心情を吐露した。英メディア『The Sun』などが伝えている。

北アイルランドのダウン州キリーリーで、家族と暮らしていたソフィー・ブリッジェズさん(21歳)が自室で息を引き取ったのは今年3月17日のことだった。

ソフィーさんは、10代の頃に自身の体型を気にするようになった。ダイエットとエクササイズに興味を持ち始めたのは13歳の時で、身長160cmで体重が69.8kgあったという。母シャロンさん(47歳)は、当時のソフィーさんのことをこのように話している。

「仔犬のような体型とでもいうのかしら。ちょっとぽっちゃりしていたぐらいで、決して太ってはいませんでした。まだ10代だったし成長段階でもありましたから。でも、2009年の夏頃からエクササイズを始めてヘルシーな食生活をするようになりダイエットが順調にいっていたので、家族でソフィーはよくやってるねと褒めていたんです。」

しかしジム通いに拍車がかかり常にエクササイズをするようになったソフィーさんは、食事の量をかなり制限するようになった。ダイエットを始めて6か月間でソフィーさんの体重が44.5kgになった時には、さすがにシャロンさんも心配し始めた。シャロンさんは娘をGP(一般診療クリニック)へ連れて行くも、ソフィーさんが食事をほとんど摂らない生活をやめることはなかった。やがて拒食と過食を繰り返すようになり、2009年後半には医師から「臓器が機能を失い始めているので、もって数週間の命だろう」と二度も告げられていたという。

ソフィーさんは入退院を繰り返すようになり、学校も休みがちになった。ほとんど何も口にせず痩せ細り弱々しくなっていく彼女に、更なる悲劇が襲ったのは2016年のことだった。ソフィーさんは地元でレイプ被害に遭ったのだ。弱って何の抵抗もできなかったソフィーさんを襲った加害者は、後に逮捕され有罪判決を受けたようだ。

2017年1月、ソフィーさんはベルファストにあるメンタルヘルス入院患者病棟「Child and Adolescent Mental Health Service」に8か月入院した。2017年4月の21歳の誕生日は病棟で迎えたが、12月のクリスマスは自宅で親やきょうだいらと過ごすことができた。退院後もソフィーさんの症状は完治しておらず、シャロンさんは「娘はますます小さく痩せ細っていた」と言う。

今年の4月に22歳になるはずだったソフィーさんだが3月17日、自室で帰らぬ人となってしまった。その変わり果てた姿を見つけたのは、シャロンさんの夫レイモンドさん(50歳)だった。

「夫は娘が亡くなっていることにすぐ気付いたようです。夫に呼ばれて娘の部屋に行くと、ただ静かにベッドに横たわっている娘の姿がありました。私は前夜に娘へ『おやすみ』と声をかけたのですが、『おはよう』と言ってあげることができませんでした。」

死因は心不全だったようだが、シャロンさんはソフィーさんが摂食障害の結果に心不全を起こしてしまったのではと推測している。

「拒食症が娘の命を奪ったと私は思っています。娘が亡くなった時、体重がどのぐらいだったのかは定かではありません。私にとって拒食症は、体重うんぬんの問題だけではなく精神的疾患だと思っています。他の病気と同様、拒食症も病なのです。摂食障害は食べなくなれば飢え死にすると思う人もいるかと思いますが、そうではなく臓器が悲鳴をあげてしまうのです。私は娘にできる限りのことをしたつもりですが、こうなってしまった以上、娘を救うこともできず役立たずだったという気持ちにもなります。娘は元気いっぱいで、聡明で面白い子でした。でも一方で、大きな病と闘い続けていました。」

4月15日、ソフィーさん宛てに自宅に「リカバリーパック」が届けられた。そこにはハンドクリームやストレス解消ボールの他、役立つグッズが同封されてあり、ソフィーさんが亡くなった後に届いたこれらの商品を見てシャロンさんは「娘は自分なりにこの病を乗り越えようとしていたのだ」と感じたという。

シャロンさんは、北アイルランドでは摂食障害やそれに伴う精神疾患に苦しむ人々へのケアやサポート体制がじゅうぶんではないと心情を吐露する一方で、摂食障害がいかに危険であるかを他の人たちにも知って欲しいと話している。「早くに治療を行えば、娘のような結果を避けることができるかもしれない」と、国内に摂食障害患者のための施設を増やすことやメンタルヘルス患者のための緊急外来の設立を願っており、資金集めや施設スタッフとしても自主的に協力する熱意を示している。

画像は『The Sun 2018年4月16日付「MUM’S AGONY My beautiful girl died at 21 after a seven-year battle with anorexia caused by her ‘puppy fat’ obsession」(IMAGE: SHARON BRIDGES)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

このニュースに関するつぶやき

  • 雄を選択するのは雌だニャǭ 基本的何もしなくても雌には雄が寄ってくるワン�� ヒトの場合、美しくあれば寄ってくる雄が増えて選択肢が広がるけれど何事も過ぎてはいけないよ������
    • イイネ!0
    • コメント 1件
  • 先日、某大手エステのスタッフに、「156cmで42kg…普通ですね〜」と言われたから、「一般的にはガリガリやねん」と言い返したったぞ!!
    • イイネ!290
    • コメント 58件

つぶやき一覧へ(94件)

あなたにおすすめ

ニュース設定