ホーム > mixiニュース > コラム > 「13星座占い」結局何だった?

「13星座占い」「へびつかい座」って結局何だったの? 天文学と西洋占星術から見る星座占い

282

2018年04月30日 11:12  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真一時期話題になった「へびつかい座」って何だったの?
一時期話題になった「へびつかい座」って何だったの?

 1995年から1997年ごろにかけて、「13星座占い」が話題になったことがありましたね。「13星座占い」とは、従来の12星座占いに「へびつかい座」を足したものです。



【その他の画像】



 しかし年月がたつにつれて、13星座占いは話題にもあがらなくなり、すっかり「12星座占い」に落ち着いていきました。



 今回は「本当のところは12星座なの? 13星座なの?」というギモンにお答えします!



●そもそも「12星座」はどうやって決まってるの?



 そもそも「星座占い」とは、西洋占星術を簡略化した占いです。



 西洋占星術では、占う対象者の出生時(+場所の緯度・経度)や現在の日時で「ホロスコープ」を描いて占います。このホロスコープとは、天動説での惑星や星座の位置関係を図にしたものです。



 一方12星座占いは、生まれた月と日付だけで黄道にかかる12星座に分けて占ったもの。



 黄道というのは、太陽の通り道のことです。星といえば「夜に見える」イメージが強いですが、実際には昼間にも星の光は届いています。ただ太陽がまぶしすぎて見えていないだけなのです。その太陽の通り道を黄道とよび、その黄道と重なる星座を黄道12星座と呼んでいるのです。



 さて、黄道にかかっているのが12星座なのか13星座なのかが問題なのですが、実は星図で確認すると黄道13星座が天文学的には正しいことが分かります。



●どうして黄道がずれてへびつかい座が加わった?



 地球の自転の軸にあたる直線を自転軸と呼びます。この自転軸、実は不変なわけではありません。



 コマを回すときに、首(軸)の部分をよく見ていると円を描いていることに気が付きます。地球の自転軸も同じように、約2万6000年周期で首振り運動をしているのです。これは、地球の歳差運動と呼ばれています。



 歳差運動によって太陽の見える方向が変化するので、黄道の位置が時代によって少しずつ変化するのです。余談ですが、この歳差運動によって、黄道だけでなく北極星も変わるんですよ。



 したがって現代の黄道には13の星座がありますが、約2000年前には12星座だったのです。



●「新しい星座が発見された」は間違い



 13星座占いのよくある誤解として「新しい星座が発見された」「一時的にへびつかい座が黄道に食い込んでいた」等があるのですが、これらは全て間違いです。



 確かに地球の歳差運動で黄道の位置は変わりますが、それは数百〜数千年規模の話であり、13星座占いが流行った1995〜1997年頃だけ黄道にへびつかい座があったというわけではありません。



 実際には「数百年にわたって、西洋占星術師の間でへびつかい座が無視されてきた」「一部の占星術師がそれを疑問に思って13星座占いを作ってみた」というだけなのです。



●ちなみに私は13星座では何座なの?



 ところでみなさん13星座占いでは何座にあたるかはご存じですか? せっかくなので13星座での自分の星座を確認してみましょう!(ただし、出典によって若干の日付のずれがあります)



・3/13〜4/19 うお座



・4/20〜5/14 おひつじ座



・5/15〜6/21 おうし座



・6/22〜7/20 ふたご座



・7/21〜8/10 かに座



・8/11〜9/16 しし座



・9/17〜10/31 おとめ座



・11/1〜11/23 てんびん座



・11/24〜11/30 さそり座



・12/1〜12/18 へびつかい座



・12/19〜1/19 いて座



・1/20〜2/16 やぎ座



・2/17〜3/12 みずがめ座 



●なぜ13星座は定着しなかったの?



 突如あらわれた13星座占い、実は西洋占星術師の間では批判的でした。



 その根拠として、そもそも13星座占いの発端が「黄道にはへびつかい座があるのに、なぜ星座占いにはないのか」といわれていたこと、13星座が1995年に一人の占星術師ウォルター・バーグの試験的な取り組みで”作られた”ものであること、13という数字が不吉であることなどが挙げられています。



 西洋占星術は、海王星発見時には当時生きていた人々の統計をとってホロスコープに組み込むなどの取り組みもありましたが、天動説の採用や12星座での維持など伝統を重んじる傾向もあるので、1995年に突如出現した13星座占いに対する反応は存外冷ややかだったのです。



 また円を13分割というのも、ホロスコープが描きにくくなりそうですね。



●やっぱり星座占いは「12星座」で?



 本気で信じているわけではなくても、雑誌やテレビでついついチェックしまう12星座占い。



 12星座の方が新しく星座を覚えなくていいし、しっくりくるなあ、という方も少なくないのではないでしょうか。



===主要参考文献===



・天文年鑑2018(天文年鑑編集委員会/誠文堂新光社)



・春の星座博物館(山田卓/地人書館)



・歳差ってなに?(国立天文台)



・スティーブ・ジョブズの出生時ホロスコープ


このニュースに関するつぶやき

  • 私、双子座だったのかあ
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 星矢好きだった私からすると「シャイナさんが黄金聖闘士かぁ〜」の印象しかなかった�������������ӻ�������
    • イイネ!40
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(161件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定