ホーム > mixiニュース > コラム > アルミホイルなどをかんだときに痛みが走る原因は「○○電流」

アルミホイルなどをかんだときに痛みが走る原因は「○○電流」

2

2018年05月17日 11:32  ねとらぼ

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真板チョコを食べるときなどに起こる、あの嫌な現象。
板チョコを食べるときなどに起こる、あの嫌な現象。

 スプーンやアルミホイルをかんだとき、ピリッと嫌な痛みが走る―― そんな体験をしたことはありませんか? 口内に銀歯などの金属がある場合に起こる現象とされており、実は名前も存在します。



【画像:あの現象で黒くこげてしまった奥歯】



●アルミホイルなどをかんだときに痛みが走る原因は「○○電流」



 あの現象の原因は、「ガルバニー電流」「ガルバニック電流」と呼ばれています。異なる金属同士が唾液を介して接触すると流れる弱い電流で、スプーンなどをかんだときのほか、上下のかみ合わせで異なる金属の詰め物を使用している場合にも起こるとか。



 人体で起こることとはいえ、メカニズム的には電池と同じで、微弱とはいえ、電流は電流。ガルバニー電流によって、脳からの電気信号が混乱したり、歯がこげたり、銀歯などが溶けたりする場合もあるそうです。歯科医院の中には、ガルバニー電流の測定、放電ができる装置を導入しているところもあります。



●主要参考文献



・金属から発生するガルバニー電流の測定(福涛会)


    あなたにおすすめ

    ニュース設定