ホーム > mixiニュース > スポーツ > サッカー > くまモンに代表ユニホーム ハリル氏からの贈呈かなわず

くまモンに代表ユニホーム ハリル氏からの贈呈かなわず

1

2018年05月17日 21:54  朝日新聞デジタル

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

写真日本代表ユニホームを着たくまモン=5月17日午後4時36分、熊本県庁
日本代表ユニホームを着たくまモン=5月17日午後4時36分、熊本県庁

 熊本県のキャラクター「くまモン」に17日、サッカー日本代表のユニホームがプレゼントされた。「日本代表を応援してくれているくまモンに着てほしい」と、日本サッカー協会の田嶋幸三会長が、くまモンのサイズに合わせて新調した。背番号は「ゴーゴー」にかけた55で、くまモンの希望通りだという。


 熊本県庁で県サッカー協会の田川憲生会長から手渡されると、早速袖を通し、ヘディングやシュートを打つ動きに挑戦した。なぜかグーサインをしきりに出して、喜びを表していた。


 元々は、4月30日にバヒド・ハリルホジッチ前代表監督が訪れて渡す予定だったが、その前に解任された。くまモンのバッジをいつも胸につけて熊本を応援してくれた前監督からの贈呈は、実現しなかった。


 くまモンが日本代表ユニホームをもらうのは2度目。1度目は2017年4月9日、なでしこジャパンが熊本市で「復興支援マッチ」としてコスタリカと戦った際に贈られた。


 6月のロシアワールドカップは、もう目の前。くまモンは新しいユニホームを着て、30日の対ガーナ戦のパブリックビューイング会場(熊本市)で代表を応援する。田川会長は「くまモンが一生懸命応援する姿を通して、熊本の元気な姿を見てほしい」と話した。(吉備彩日)


朝日新聞デジタルで読む

    あなたにおすすめ

    ニュース設定