ホーム > mixiニュース > スポーツ > サッカー > 仙台、アウェイで鹿島を下す! 石原直樹が先制弾、板倉滉が決勝点挙げる

仙台、アウェイで鹿島を下す! 石原直樹が先制弾、板倉滉が決勝点挙げる

6

2018年05月20日 16:06  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真鹿島を下した仙台 [写真]=J.LEAGUE
鹿島を下した仙台 [写真]=J.LEAGUE
 明治安田生命J1リーグ第15節が20日に行われ、鹿島アントラーズとベガルタ仙台が対戦した。

 先にチャンスを掴んだのは仙台だった。2分、左サイドでボールを持った関口訓充が、ニアサイドへクロスを入れると、DFとGKの間に入り込んだ石原直樹がダイビングヘッドでゴールに押し込んだ。

 後半に入っても仙台が攻め立てた。65分、左サイドのCKから、キッカーの関口が中央にクロスを送る。ニアサイドで待っていた大岩一貴が頭で後ろに流すと、GKの手前で板倉滉がさらにヘッドで触り、2点目を加えた。

 対する鹿島は86分に点差を縮めた。敵陣中央から遠藤康が柔らかいボールを入れると、途中出場の鈴木優磨が頭で競る。これを安部裕葵が拾い、フリーで待っていた鈴木が再びボールを受けて、落ち着いて流し込んだ。

 このまま試合は終了し、最終スコア2−1でベガルタ仙台が勝ち点3を獲得し、前節サンフレッチェ広島戦の鬱憤を晴らした。一方の鹿島はリーグ戦2連敗を喫した。また、日本代表に選出された昌子源、植田直通は先発フル出場を果たし、三竿健斗の出番はなかった。

【スコア】
鹿島アントラーズ 1−2 ベガルタ仙台

【得点者】
0−1 2分 石原直樹(仙台)
0−2 65分 板倉滉(仙台)
1−2 86分 鈴木優磨(鹿島)

このニュースに関するつぶやき

  • 金崎夢生 や 内田篤人 を代表選考されたいがため「だけ」のスタメン起用 フロントの意向を忖度しなきゃいけない大岩 ザマァ〜見ろと言いたい 夢生も篤人も落選! 伊東幸敏とペドロジュニオールが迷惑してる! 負けは当然 https://mixi.at/a8o7vSx
    • イイネ!3
    • コメント 1件
  • 正直、早い先制点だったので驚いたよ。(鹿島1-2仙台)
    • イイネ!4
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

あなたにおすすめ

ニュース設定