ホーム > mixiニュース > スポーツ > サッカー > 広島、C大阪に敗戦ながらも首位キープ…川崎は3発快勝!/J1第15節

広島、C大阪に敗戦ながらも首位キープ…川崎は3発快勝!/J1第15節

7

2018年05月20日 19:29  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真川崎は3発快勝でホーム連敗を脱した [写真]= J.LEAGUE
川崎は3発快勝でホーム連敗を脱した [写真]= J.LEAGUE
 2018明治安田生命J1リーグ第15節が、19日から20日にかけて各地で行われた。

 最下位に沈む名古屋グランパスはホームに柏レイソルを迎えた。柏の先制に対し名古屋が前半中に追いつくなど、両者譲らない展開となったが、最終的に柏が2−3で逃げ切りに成功。また、日本代表に選出された柏GK中村航輔が後半アディショナルタイムに頭から落下するアクシデントにより担架で運び出されている

 一方、首位サンフレッチェ広島は、セレッソ大阪とホームで対戦。両チーム一進一退の攻防を繰り返す展開となった。しかし、C大阪の清武弘嗣の負傷によって代わりにピッチに立った高木俊幸がチームを救った。81分に先制シュートを決めると、続く84分には豪快なボレーで追加点。値千金のゴールでC大阪は2連勝を飾った。

 なお、J1リーグが2018 FIFA ワールドカップ ロシアによる中断期間に入るため、次節は7月18日に開催される。

 今節の結果は以下の通り。

■J1第14節結果
▼12日
横浜F・マリノス 5−2  V・ファーレン長崎
ガンバ大阪 0−0 浦和レッズ
湘南ベルマーレ 1−0 ジュビロ磐田
鹿島アントラーズ 1−2 ベガルタ仙台
名古屋グランパス 2−3 柏レイソル
川崎フロンターレ 3−0 清水エスパルス
サガン鳥栖 0−0  FC東京
サンフレッチェ広島 0−2 セレッソ大阪
ヴィッセル神戸 4−0 北海道コンサドーレ札幌

■J1順位表
1位 広島(勝ち点37/得失点差+14)
2位 FC東京(勝ち点28/得失点差+8)
3位 川崎(勝ち点27/得失点差+10)
4位 C大阪(勝ち点26/得失点差+6) ※1試合未消化
5位 札幌(勝ち点26/得失点差+3)
6位 神戸(勝ち点22/得失点差+6)
7位 仙台(勝ち点22/得失点差−1)
8位 磐田(勝ち点21/得失点差0)
9位 柏(勝ち点20/得失点差0)
10位 清水(勝ち点18/得失点差−2)
11位 鹿島(勝ち点18/得失点差−4) ※1試合未消化
12位 湘南(勝ち点18/得失点差−5)
13位 横浜FM(勝ち点17/得失点差−1)
14位 浦和(勝ち点17/得失点差−1)
15位 長崎(勝ち点17/得失点差−5)
16位 G大阪(勝ち点15/得失点差−5)
17位 鳥栖(勝ち点13/得失点差−7)
18位 名古屋(勝ち点9/得失点差−16)

■J1第16節対戦カード(7月18日)
19:00 札幌 vs 川崎
19:00 仙台 vs 横浜FM
19:00 柏 vs FC東京
19:00 湘南 vs 鳥栖
19:00 清水 vs C大阪
19:00 磐田  vs 鹿島
19:00 広島 vs G大阪
19:00 長崎 vs 神戸
19:30 浦和 vs 名古屋

このニュースに関するつぶやき

  • グランパスの選手は心から、「もうこれ以上は負けたくない・・・・・・」といいたくなるかも!
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定