ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 蛭子能収「バス旅」降板の理由

蛭子能収「ローカル路線バス」降板の理由を告白

376

2018年05月23日 09:42  ザテレビジョン

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ザテレビジョン

写真蛭子能収が「チマタの噺」に登場/2017年ザテレビジョン撮影
蛭子能収が「チマタの噺」に登場/2017年ザテレビジョン撮影
漫画家でタレントの蛭子能収が、5月22日に放送された「チマタの噺」(テレビ東京系)にゲスト出演。同局で人気のバラエティー「ローカル路線バスの乗り継ぎの旅」降板の理由について言及した。

【写真を見る】ローカル路線バスの名コンビ

俳優の太川陽介らと路線バスで全国を旅する人気番組。シリーズ化・映画化・DVD化されるなど人気を博してきた。

司会の笑福亭鶴瓶は「路線バスの旅はなんで終わった? あれ人気でしょ?」と尋ねた。

蛭子は「俺がなんかやっぱりね、あれ結構歩くんですよ、めちゃくちゃ。上り坂が結構あって、バスが通れない所歩いてるんですけど、それがやけに上り坂がすごく多くて、ちょっと疲れがすごくて、あれやると腰が痛くなってきて…ちょっと降ろさせてもらった」と明かした。

“相方”の太川について鶴瓶が「(降板して)怒ってませんでしたか?」と聞くと、蛭子は「自分の目の前では怒ったことはないです…ふふふ」と笑顔を見せるが、「人の生活を脅かしてますねんで、一つ(番組が)終わるいうたら」と鶴瓶は問い詰めた。

蛭子は「太川さんは元々歌手ですので、歌の方でいっぱい稼いでらっしゃるかなと思いますけど…ふふふ」と独特の口調で太川への思いを告白した。(ザテレビジョン)

このニュースに関するつぶやき

  • 分かるわ〜。伊勢本街道を大阪の玉造稲荷神社から伊勢に向かって歩いていた時に普通のオバさんが歩くことのできる限界を身にしみた。コミュニティバスさえも走っていない場所や県境での峠越えはかなりきつかった。蛭子さん、お疲れさまでした。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • この番組はガチ。それだけにこの人のダメさが際立つけど、バス旅番組で一番堕落してるのは徳光さん。たまにズルして途中が映らないし、自分の家の近所ばかりだし、そもそもたどり着く気がない。
    • イイネ!267
    • コメント 31件

つぶやき一覧へ(235件)

あなたにおすすめ

ニュース設定