ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > 指示否定 日大にクレーム殺到

タックル指示を認めない日大にクレーム殺到 「退部者が続出で廃部も」と選手

947

2018年05月23日 17:32  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真記者会見で謝罪した日大アメフト部の宮川泰介選手(撮影/写真部・大野洋介)
記者会見で謝罪した日大アメフト部の宮川泰介選手(撮影/写真部・大野洋介)
 関西学院大学アメリカンフットボール部のクオーターバック(以下はQB)にタックルして退場処分となった日本大学の宮川泰介選手の記者会見が波紋を広げている。日大広報部は会見を受けて昨夜、文書でコメントを発表した。

【写真】退場したあとテントの中で声を上げて泣く宮川選手

 会見では悪質プレーの背景に、内田正人前監督とコーチの指示があったことが明らかにされたが、日大は「コーチから『1プレー目で(相手の)QBをつぶせ』という言葉があったということは事実」と認めたものの、「ただ、これは本学フットボール部においてゲーム前によく使う言葉で『最初のプレーから思い切って当たれ』という意味です」「誤解を招いたとすれば、言葉足らずであったと心苦しく思います」と釈明した。

 だが、日大関係者がこういう。

「すさまじい数の抗議が電話で寄せられている。『学生に押し付け大人が責任をとらないとはどういう大学だ』とか『学生が会見までして謝罪している。なぜきちんと謝らないのか』など怒り心頭の電話が多い。その対応で事務方はてんやわんやです」

 昨日の記者会見を見た宮川選手と同級生の日大の現役選手がこう話す。


「会見をテレビで見ていて、涙が止まらなかった。宮川をさらし者のようにしていて、かわいそうでなりません。宮川が言うように、日大のアメフト部では内田監督イコール法律みたいな感じで、絶対的な存在。だから、内田監督から直接、話をされることはまずありません。大抵、コーチを通じて話があります。けど、コーチの話ぶりでそれが内田監督の意向によるものか、コーチが独断で言っているのか、だいたいわかります」

 宮川選手は記者会見で、内田監督から直接、「日本代表にいっちゃダメだよ」と伝えられ、理由を確認できずに「わかりました」と答えたと話していた。

 この点からもいかに内田監督の存在が絶大かよくわかる。

「練習で叱られ、日本代表に行けないと宮川はすごいショックだったようです。おまけに練習からも外され、学校の授業まで出なくていいとまで言われていた。『俺、どうすればいいのか』とすごく追い込まれ、沈痛な表情をしていたのを今も覚えています」

 そして、宮川選手は井上奨コーチからこう告げられていたというのだ。


「『監督にお前をどうしたら試合に出せるか聞いたら、相手のQBを1プレー目で潰せば出してやるといわれた。QBを潰しに行くんで僕を使ってください、と監督に言いに行け』と宮川は井上コーチに言われていました」

 そして宮川選手は5月6日の試合当日、内田監督に、井上コーチの進言通り「使ってくれ」と直談判。先発メンバーに名前を連ねた。

「潰せというのは、怪我させてこいという意味ですよ。相手が試合に出られないなら得だとも井上コーチは言っている。フェアプレーが大事だとか、内田監督や井上コーチは対外的には言っているが、相手がちょっとしたラフプレーをしたら『やられたらやり返す』『怪我なんて関係ない、潰すんだ』と日常茶飯事のように言っていますよ。だから、宮川でなくても『怪我をさせる』という意味であることは、日大のアメフト部ならだれでもわかることです」(前出・現役選手)

 だが、宮川選手の会見後、内田監督は危険タックルの指示を否定。別の選手がこう怒る。


「どうやったら相手を潰せる、怪我させることができるのか、井上コーチから教えてもらった先輩の選手もいますよ。現役選手の大半が、腹が立つどころか、あきれ返っています。内田監督は『俺が責任をとる』と部員らがいる前で言っています。それに井上コーチが関学との試合前に『わかっているな』と宮川に念押ししたのも、他の選手も聞いています。どこまでウソをつくのか。こんな人たちに今まで指導してもらっていたのかと思うと、情けない」

 日大の選手らによると、今シーズン、試合に出ることは難しいという。

「下手すれば、おそらく廃部じゃないですか? 退部者が続出しています。もう半分近い選手がやめたも同然って感じになっている。ただ、やめると宮川を見捨てたみたいになるので自分は宮川が退部届けを出してから、辞めるつもりです。これまで日大のアメフト部では、コーチの理不尽な暴行がありました。ちょっとしたミスで、気合が足りないとボコボコに殴られる。それを法的手段で訴えて、宮川の援護をしようという声もあります。こういう暴力的な体質が今回の危険タックルの根底にあったと思う」(日大の現役選手)

 日大のアメフト部の愛称は「フェニックス」(不死鳥)だ。だが、前代未聞の不祥事で、伝統にピリオドを打たざるを得ないのか?(AERA dot.編集部)

このニュースに関するつぶやき

  • 前監督が逮捕でもされれば学校側も擁護しなくなるだろうかね?逮捕、起訴、有罪となれば退職金も無し。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • アメフトを続けたい思いからの会見ではなく、辞める覚悟で真実を語り「指示があったとしても、やってしまったのは私」と言える彼は、逃げ回ってる監督よりよっぽどスポーツマンらしい
    • イイネ!1218
    • コメント 15件

つぶやき一覧へ(596件)

あなたにおすすめ

ニュース設定