ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 相武紗季、出産後初のドラマ

相武紗季「ブラックペアン」で出産後初ドラマ出演!

61

2018年05月26日 05:00  シネマトゥデイ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

シネマトゥデイ

写真久々のドラマ収録となった相武紗季
久々のドラマ収録となった相武紗季

 昨年10月に第1子を出産した女優の相武紗季(32)が、6月3日に放送される嵐・二宮和也主演の連続ドラマ「ブラックペアン」(TBS系、毎週日曜・夜9時〜)第7話に出演していることが明らかになった。出産後初のドラマ出演となり、今回をもって本格的な女優復帰を果たす。


 本作は、「チーム・バチスタ」シリーズで知られる作家・海堂尊の小説が原作の医療ドラマ。手術成功率100%を誇り、傲慢な性格と言動で周囲から“オペ室の悪魔”と恐れられている天才外科医・渡海征司郎(二宮)が、嫉妬や癒着がうごめく大学病院で、「外科医の腕を全く必要としない」手術用最新医療器具の導入に、己の正義を信じて反抗する姿を描く。


 相武が演じるのは、元看護師の治験コーディネーター木下香織(加藤綾子)の元同僚・山本祥子。別の病院に勤務する現役の看護師主任でありながら、渡海らが勤務する大学病院に患者として入院する。香織がなぜ看護師を辞め、治験コーディネーターとして働くこととなったのか。祥子の手術をめぐって、その過去が明らかになる。


 「ドラマの撮影は1年近く空いていた」という相武は、久々の連ドラの現場に「ドラマ特有の撮影の勢いに圧倒され、ついていくのに一生懸命でしたが、(以前お世話になった)プロデューサーさんや、演者さんも共演した方が多かったので、身をゆだねる気持ちで現場にはスムーズに入っていけました」と安堵のコメント。第7話について「加藤(綾子)さん演じる香織の過去が少し明らかになる話なので、香織さんの感情の変化を楽しんで見て頂けたら幸いです」と語っている。


 同作にはそのほか、竹内涼真、内野聖陽、葵わかな、小泉孝太郎、市川猿之助、倍賞美津子、加藤綾子、加藤浩次ら多彩な顔ぶれが出演し、作品を盛り上げている。(編集部・入倉功一)


【関連情報】
「ブラックペアン」オフィシャルサイト
【画像】ドラマは後半戦!「ブラックペアン」キャスト陣
産後1か月の相武紗季、ママの顔!赤ちゃん抱いてにっこり

このニュースに関するつぶやき

  • 岩合さんの猫歩きナレーションすきだにゃー(*^^*)
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 結婚しても非常識な妊婦写真などの熊田曜子や安田美沙子とは対照的に、榮倉奈々さん同様凄く好感度が高いです。相武紗季さんは宝塚市出身で母と姉が宝塚だから、それなりの大変や劣等感もあろうに表に出さないのが素敵です。
    • イイネ!48
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(34件)

あなたにおすすめ

ニュース設定