ホーム > mixiニュース > トレンド > 217店舗集結 ららぽーと名古屋

217店舗集結「ららぽーと名古屋」、蔦屋書店、ロンハーマンなど東海初のショップも続々

98

2018年06月13日 11:34  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

写真みどりの大広場/画像提供:三井不動産
みどりの大広場/画像提供:三井不動産
【ららぽーと名古屋みなとアクルス/女子旅プレス】愛知県名古屋市に、東海エリア初となる「蔦屋書店」「RHC ロンハーマン」など全217店が集う「三井ショッピングパーク ららぽーと名古屋みなとアクルス」が、2018年9月28日(金)にオープンする。

【さらに写真を見る】「ららぽーと名古屋」9月開業へ、ファッション雑貨&飲食など217店舗出店

◆駅から徒歩2分のアクセス至便な「ららぽーと名古屋」

「ららぽーと」の国内14施設目となる「ららぽーと名古屋」は、『ヒトを繋ぎ、トキを紡ぐ“コネクトモール”』をコンセプトに掲げ、大規模複合再開発事業によって新しく誕生するまち「みなとアクルス」内に立地し、ファッション、雑貨、レストラン・カフェ、スーパー・食物販、飲食店等、多彩なラインナップの全217店が集結。

計画地は交通アクセスに優れており、最寄の名古屋市営地下鉄名港線「港区役所駅」から徒歩2分であることに加え、名古屋市営バス「港区役所」から至近であることなど公共交通機関でのアクセスも良好なロケーションに誕生する。

◆東海エリア初「蔦屋書店」「RHC ロンハーマン」話題スポット続々

本施設には、テーマが“WITH FAMILY”の「蔦屋書店」、 “ポジティブなエネルギーと笑顔に溢れた店”をコンセプトとした 「RHC ロンハーマン」など、東京で人気のショップが東海エリア初出店。

また「マイケル・コース」、「ZARA HOME」、「H&M」、「Bershka」、「DIESEL」といった外資ブランドに加え、ホームセンターのカインズが提案するくらし提案型ショップ「Style Factory」、「無印良品」、「LoFt」など幅広い世代のニーズに応える多彩なライフスタイルブランドが集結する。

さらにナムコが展開する人気VRアクティビティを導入した「VR ZONE Portal」、「トイザらス」や「アカチャンホンポ」、愛知県初となる「birthday party」をはじめとした、キッズ・ベビー向けのブランドまで、三世代で楽しめるエンターテインメントとキッズショップも充実させ、屋外エリアには家族や友人とさまざまな過ごし方ができる「みどりの大広場」も整備される。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■「三井ショッピングパーク ららぽーと名古屋みなとアクルス」概要
住所:愛知県名古屋市港区港明二丁目501番2他
構造規模:店舗棟 鉄骨造地上4階建一部2階建
(店舗:1〜3階、駐車場:4階、屋上)
立体駐車場棟 鉄骨造地上6階建2棟
店舗数:217店舗
駐車台数:約3,000台
交通:名古屋市営地下鉄名港線「港区役所駅」 徒歩2分「東海通駅」徒歩3分
情報:三井不動産

【Not Sponsored 記事】

このニュースに関するつぶやき

  • 安かろう悪かろうな劣悪商品を売りつけるイオンよりこちらを利用した方が良いでしょうな。 https://mixi.at/a9TDT8m
    • イイネ!3
    • コメント 1件
  • 1年後にオープン時の何店舗が残っているか。
    • イイネ!16
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(47件)

あなたにおすすめ

ニュース設定