ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > 【ブログ】2017年では見られなかったトロロッソ・ホンダの連携プレー/F1カナダGP現地情報2回目

【ブログ】2017年では見られなかったトロロッソ・ホンダの連携プレー/F1カナダGP現地情報2回目

0

2018年06月13日 20:22  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真写真
 2018年F1第7戦カナダGP決勝日、各々アイテムを携えてサーキットインするドライバーたちやいかだレースの様子をムッシュ柴田氏がお届けします。

--------------------------

まずはドライバーたちの土曜朝の出勤風景から行きましょうか。

午前9時半過ぎ、トップドライバーたちもぼちぼちサーキットにやって来ます。



黙々と歩くキミ・ライコネン。



スマホしか見てないルイス・ハミルトン。モントリオールの町からサーキットまでは走っても来れるほどの近さですが、ドライバーの大部分はクルマで送ってもらってます。

対照的にセバスチャン・ベッテルは、自転車通勤してました。チームの資材といっしょに、マイ自転車をヨーロッパから空輸してもらったんでしょうね。



元ボスのクリスチャン・ホーナー代表と、延々立ち話してました。ベッテルが何か面白そうなことを言ったのに対し、「マジか、それ」というリアクションを返すホーナー。何の話だったのやら。

一方こちらは朝から、何か書類を目の前にしてずっとシリアスな話し合いです。



マクラーレンのレーシングディレクター、エリック・ブーリエと、ルノーのシリル・アビテブール、左端はレース現場の総責任者レミ・タファンです。「レッドブルがホンダと組むんだったら、うちを準ワークス扱いにしてよ」とねじ込んでるとか?いずれにしても全員フランス人ながら、和気あいあいとは言いかねる雰囲気でした。

マクラーレンには今週末、マイケル・アンドレッティも来てました。



来季、彼のチームからマクラーレンがインディに正式参戦するという噂しきりです。そしたらホンダエンジンで走ることになるわけですが、レース屋さんはそんな過去のことには全然こだわりませんからね。マクラーレン・ホンダ復活、大いにあり得るかも。


復活といえば、去年から再び開催されるようになったカナダ名物チーム対抗いかだレース。今年のトロロッソには、ホンダのスタッフも乗り込んでました。



去年のマクラーレン・ホンダだったらあり得ない、……なんて野暮はいいたくないですけど、



でもトロロッソとホンダの一体感を感じさせる、なかなかいい光景でした。

そして決勝日当日。う〜ん、やっぱりグリッドガールのいないグリッドは淋しい……。



こちらは3年前。ゴージャスでしたね〜。



ま、過ぎたことをうじうじ言ってもしょうがないですが。

今季、もはや最下位チームとは言わせないとばかりに進境著しいザウバー。グリッド上ではメカニックががっちりマシンリアを隠してました。



一方マクラーレンは、すっかり開けっ広げでした。ディフューザーとか、秘密ないのか……?



そしてシャルル・ルクレールは、今回も見事にポイント獲得です。これはもう遠い将来といわず、1、2年後のフェラーリ昇格もあり得るかも。



戦いすんで、日が暮れて。この古い古いピットビルも、来年来た時には超近代的な建物に変身してるはずです。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定