ホーム > mixiニュース > スポーツ > 野球 > 日ハム有原が初S 当面守護神へ

日本ハム有原が初セーブ 栗山監督、当面は守護神へ

22

2018年06月13日 23:26  日刊スポーツ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊スポーツ

写真日本ハム対阪神 9回に登板した有原(撮影・黒川智章)
日本ハム対阪神 9回に登板した有原(撮影・黒川智章)

<日本生命セ・パ交流戦:日本ハム8−7阪神>◇13日◇札幌ドーム



 日本ハム有原航平投手がプロ初セーブを挙げた。


 3点リードの9回に登板。2死無走者から3連打で2点を失ったが、リードを守りきった。


 今季は右肩痛で出遅れ、4月14日に1軍復帰。以降は先発としてローテーションを回ったが、7試合で4勝2敗も防御率6・38と安定感を欠いた。5月28日に出場選手登録を抹消され、6月12日に再昇格。栗山監督からは先発から抑えへ配置転換する旨も伝えられていた。


 栗山監督は「本当に、いろんな景色が見えてくれれば、それでいい。(2失点も)最初なんでね。もっともっと、これからすごい球を投げてくれると思う」。当面は有原に守護神を任せる考え。先発投手として結果が伴っていなかった右腕を思い切った采配で、2年ぶりのリーグ制覇へ向けた新たな力とする。

このニュースに関するつぶやき

  • 負けすぎ
    • イイネ!3
    • コメント 0件
  • ホークスに行った市川と相性よかったんだよな…。
    • イイネ!9
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(12件)

あなたにおすすめ

ニュース設定