ホーム > mixiニュース > 社会 > 衆院内閣委員長の解任決議案を否決 IR法案巡り攻防

衆院内閣委員長の解任決議案を否決 IR法案巡り攻防

2

2018年06月14日 15:40  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

 カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案を審議する衆院内閣委員会の山際大志郎委員長(自民党)に対する委員長解任決議案は14日、衆院本会議で与党などの反対多数で否決された。審議が不足しているにもかかわらず採決を強行しようとしているとして、立憲民主党など野党5党と衆院会派「無所属の会」が提出していた。


 委員長解任決議案が否決されたことを受け、与党は15日に内閣委員会を開き、法案を可決した上で、19日に衆院を通過させる方針だ。今国会の会期は20日までだが、政府・与党は7月10日ごろまで会期を延長し、今国会で成立させる構えだ。


朝日新聞デジタルで読む

このニュースに関するつぶやき

  • カジノ反対。しかし、モリカケで騒ぎ審議不足とは本末転倒
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • そんなに、「強行可決させてカジノ合法化推進」を良しとしたいのかね?「議論も尽くされた」とは言えないのに、ソコ迄カジノ合法化強行しても、日本の観光面に、飛躍的効果が有るとは言えないのに…?
    • イイネ!7
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ニュース設定