ホーム > mixiニュース > コラム > 等身大以上に見せようと頑張るから、人間関係がうまくいかない

等身大以上に見せようと頑張るから、人間関係がうまくいかない

1

2018年06月14日 16:10  まぐまぐニュース!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

まぐまぐニュース!

写真写真

人間関係がなぜかうまく築けない…TVやネットのニュースに過剰反応してしまう、心当たりはありませんか? それは、「反動形成」という心理作用によるものかもしれません。そんな困った心の状態について、無料メルマガ『東北NO1メンタルトレーナーが送る『自信をはぐくむ、幸せな自分のなり方』』の著者で心理カウンセラーの吉田こうじさんが、わかりやすく解説しています。

人間関係をうまく築けない…というお悩み

さて、引き続き、どうして人間関係をうまく築けないの?というお悩みについてお話ししてます。

心の奥底に抑圧している何かがあると、それを他者や環境に「投影」してしまう、ということを前回お話しました。抑圧していると「投影」以外にも悩ましい反応をすることがあります。

それが「反動形成」です。これは厄介ですよ〜。

反動形成とは、「抑圧」した思考や感情(本音と正反対のことをしてしまう…言い換えれば「あまのじゃく的」な対応をしてしまうこと。

たとえば、本当は自分に自信がないことを抑圧しているとき、他人の中に自信のない部分を見つけては激しく攻撃非難してみたり、自分自身のことを過剰に強く見せようとしたり、大きく見せようとしたりするのが「反動形成」です。

「反動形成」にはまっている時は、等身大の自分以上に自分を見せなきゃいけないと思っているので、非常に疲れるし、さらには周りからもウザがられます

また、自分が抑圧している部分を相手の中に探し出しては、非難攻撃しながらイライラが止まりません。

なので、人間関係はかなりうまくいかなくなるでしょう。

さらに悪いことに「反動形成」にはまっているときは、人間関係が悪くなっているのは全て「相手環境のせいで、自分は全く悪くない…むしろ自分は正しいと信じきっているので、いつまでたっても人間関係が改善できないんですよね。これはかなり痛いですよ。

ネットの世界ではよく見かけますが、誰かのコメントに過剰に反応してやたらめったら攻撃してくる人…こういうのも反動形成ですね。

反動形成に飲み込まれちゃっている時はやめたくてもやめれないというか、むしろ他者への攻撃が楽しくなっちゃうところが悩ましい…以上、抑圧することの弊害「反動形成」についてでした。

いかがでしたか。そういえば最近、イライラしているな、という方は、ぜひメンタルトレーナー吉田さんの無料メルマガで、心を健全に保つヒントを読んでみてくださいね。

image by: Shutterstock.com

MAG2 NEWS

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • ミクシィの中にもいますね。実生活が余程辛く虚しく寂しいのか、誰かに食ってかかって、粘着している人が。痛々しいって気付かないのかなぁ?
    • イイネ!0
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定