ホーム > mixiニュース > スポーツ > サッカー > ロシア、「重圧」吹き飛ばす先制点 開催国の意地見せる

ロシア、「重圧」吹き飛ばす先制点 開催国の意地見せる

1

2018年06月15日 01:19  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

写真前半、先制ゴールを決め喜ぶロシアのガジンスキー(左)=関田航撮影
前半、先制ゴールを決め喜ぶロシアのガジンスキー(左)=関田航撮影

 開幕戦に登場したホストチームが負けた例は過去にない。さらにいえば、地元チームが1次リーグで敗退したのは2010年の南アフリカだけ。前日の公式会見でも、ロシアに繰り返された質問は「重圧」という言葉ばかりだった。


 立ち上がりからボールを支配したロシアだが、チャンスには結びつかない。前半12分、チームは自らの力で重圧を振り払った。


 左CKが跳ね返されると、もう一度拾い直す。落ち着いたパスをつないで、左からのクロス。サウジアラビアのDFの背後を突いた。


 頭で合わせたのは、MFガジンスキー。DFを突き飛ばすようにして競りにいった。緩やかなシュートがGKの手を避けるようにネットに吸い込まれた。


 華やかではないが、ほしかった先制点。同43分には追加点。縛り付けられた緊張感から、ロシア選手が解き放たれた。(潮智史)


朝日新聞デジタルで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 前回のブラジルW−cupの開幕試合のクソさと違って、いい試合だったな。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定