ホーム > mixiニュース > 社会 > 大阪 震度「6弱」は観測史上初

近くの断層、過去に大地震=大阪「6弱」は観測史上初

199

2018年06月18日 13:00  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

写真大阪府北部を震源とする地震について記者会見する気象庁地震火山部の松森敏幸地震津波監視課長=18日午前、東京・大手町
大阪府北部を震源とする地震について記者会見する気象庁地震火山部の松森敏幸地震津波監視課長=18日午前、東京・大手町
 気象庁の松森敏幸地震津波監視課長は18日午前、大阪府北部で起きたマグニチュード(M)6.1、最大震度6弱の地震について記者会見し、「地殻内部で起きた直下型地震」と説明した。震源のごく近くに「有馬−高槻断層帯」があり、この活断層の一部が動いたかは今後解析するという。

 大阪府で震度6弱以上の揺れを観測したのは、気象庁が1923年に地震観測を始めて以来、初めて。余震も続発し、松森課長は「今後1週間、最大6弱程度の地震に注意してほしい」と呼び掛けた。

 政府の地震調査委員会によると、有馬−高槻断層帯では1596年に慶長伏見地震(M7.5)が起きた。長期評価では、今後30年間の地震発生確率は0.1%未満とされていた。地震調査委には気象庁も参加しており、18日午後に臨時会合を開いて今回の地震との関係を検討する。

 一方、有馬−高槻断層帯の南西側には1995年に阪神大震災を引き起こした「六甲・淡路島断層帯」があるが、松森課長は「今回の地震と直接の関係はない」との見方を示した。東海沖から四国沖の南海トラフで起きる可能性がある大地震への影響についても「考えづらい」と述べた。 

このニュースに関するつぶやき

  • 阪神・淡路のときは震度4でしたものね。今回も淀川を挟んでの揺れは違うそうです。
    • イイネ!0
    • コメント 1件
  • こんな地震でもクソが「こういう時の対応力が大事なんだ」って関西のメーカーに発注かけてたよ。頭腐ってんな。
    • イイネ!38
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(92件)

あなたにおすすめ

ニュース設定