ホーム > mixiニュース > トレンド > 「R35型GT-Rパトカー」話題に

「R35型GT-R」がパトカーに 車種選びは栃木県警のセンスなの?

676

2018年06月21日 17:10  Jタウンネット

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Jタウンネット

写真R35型GT-R(以下、日産自動車ニュースルームより)
R35型GT-R(以下、日産自動車ニュースルームより)

「栃木県民の日」でもある2018年6月15日、栃木県警が行った「栃木県警察日産GT-Rパトカー寄贈式」が、一部自動車ファンの間で話題を集めている。


ネット上では、「栃木県警すげー」「GT-Rのパトカーとか最強だろ」といった声も上がっているのだが、この車種がパトカーになるのは、どれだけスゴいことなのか――。

過去にはフェアレディZ、NSX...

「R35型GT-R」は、日産自動車のスポーツカー。かつて全日本ツーリングカー選手権で連勝した、最上級スポーツカー「スカイラインGT-R」の事実上の後継車種だ。職人が作りこんだエンジンとデザインに定評があり、最高時速は300キロを超えるとか。そんな車種だが、警察車両への導入は栃木県警が初めてとあって、「最強最速パトカー」が誕生したと評判だ。

今回は県内在住の会社役員男性からの寄贈とのことだが、過去にフェアレディZ(日産)、NSX(ホンダ)などのスポーツカーを「パトカー」にしてきた栃木県警。果たしてこのかっこよすぎる車種選びは、県警のセンスなのか。

Jタウンネット編集部が栃木県警広報担当者に話を聞いたところ、「(車種に関しては)寄贈者の意向による」とのことで、特別に県警側から指定しているわけではないそうだ。寄贈する人のセンスが凄すぎる恐るべき栃木県ということか。

GT-Rパトカーの今後は、交通安全意識を高める目的で、各種催し物に出展すると共に、高速道路上で安全確保のため活躍する予定とのこと。

今回の納車に対してネット上では、

「やーばい。まじかっこいい」
「もう日本車では逃げれません笑」
「並大抵の車とドラテクじゃ巻くことはできない模様」

と、かねてよりのファンを中心として大絶賛だ。

栃木県警が有する最速パトカーたちからは、(あくまで法定速度を守りながらだが)普通の車じゃ逃げ切れないのかも。是非ともお目にかかりたいものだが、追いかけられるのはごめんこうむりたい。

「栃木県警察日産GT-Rパトカー」寄贈式

このニュースに関するつぶやき

  • ポルシェは広島県警だったかな?岐阜県警はS800のオープンw
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • ���ä���なぬ〜】ウチもR35GT-Rの寄贈をよろこんで受け入れるぞ��������
    • イイネ!91
    • コメント 12件

つぶやき一覧へ(341件)

あなたにおすすめ

ニュース設定