ホーム > mixiニュース > 社会 > JR西 9路線で長期運転見合わせ

JR西日本、9路線で長期運転見合わせ=豪雨で再開まで1カ月以上

150

2018年07月11日 18:00  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

写真豪雨の影響で土砂に埋もれたJR山陽線の瀬野駅構内の様子=9日(JR西日本提供)
豪雨の影響で土砂に埋もれたJR山陽線の瀬野駅構内の様子=9日(JR西日本提供)
 JR西日本は11日、西日本豪雨で線路が流失するなど大きな被害を受け、9路線10区間で運転再開までに1カ月以上を要す見通しとなったと発表した。調査結果により、さらに対象区間が増える可能性もある。9路線10区間は次の通り。

 山陽線(三原駅−海田市駅)▽同線(柳井駅−徳山駅)▽姫新線(上月駅−新見駅)▽津山線(野々口駅−牧山駅)▽伯備線(豪渓駅−上石見駅)▽芸備線(新見駅−下深川駅)▽福塩線(府中駅−塩町駅)▽因美線(津山駅−智頭駅)▽呉線(三原駅−海田市駅)▽岩徳線(岩国駅−櫛ケ浜駅)。 

このニュースに関するつぶやき

  • 山陽新幹線が開通する前、山陽本線で帰省する途中瀬野駅付近で亡父の伯母が手を振ってくれていたのを思い出す。呉線は広までの復旧が11月、全線復旧は来年1月という…。
    • イイネ!3
    • コメント 0件
  • 特に山陽線はJRまかせではなく国家プロジェクトとして国ぐるみで早期復旧を図るべきでは
    • イイネ!29
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(66件)

あなたにおすすめ

ニュース設定