ホーム > mixiニュース > スポーツ > スポーツ総合 > 日大の森前HCが異議申し立て

日大の森前コーチが異議申し立て 内田前監督も意向

46

2018年07月12日 00:07  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

写真日大の内田正人前監督
日大の内田正人前監督

 日大アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で、関東学生アメフト連盟から資格剝奪(はくだつ)処分を受けた日大アメフト部の森琢前ヘッドコーチ側が、同連盟に異議申し立てをしていたことが11日、分かった。関係者によると、除名処分を受けた内田正人前監督も異議申し立てをする意向。関東学連はこの日の理事会で、これらの異議申し立てに対応するための委員会の設置を決めた。メンバーは関東学連の理事で構成された。


 悪質タックル問題で関東学連の規律委員会は、内田前監督、井上奨前コーチを最も重い除名処分とし、森前ヘッドコーチを資格剝奪(はくだつ)処分とした。除名処分は6月26日の社員総会で正式決定し、異議申立期間は書面を受け取ってから1カ月間としていた。


朝日新聞デジタルで読む

このニュースに関するつぶやき

  • まあ権利だから行使するのはOKなんでしょうがはたして結果は変わるのか?  見苦しいとか諦めが悪いとか言われるのに申し立てるって事は覆す自信あるのかな??
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 異議申し立てすら許さない社会は困るからね。それが通るかは別にして、申し立てをする事は批判する事ではないと思うかな。
    • イイネ!25
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(36件)

あなたにおすすめ

ニュース設定