ホーム > mixiニュース > コラム > 名古屋人が「自虐」体質な理由

名古屋人が「自虐」体質な理由 「ほめてほしいけど卑下したい」 ややこしい「美徳」を漫画家が解説

266

2018年07月12日 07:01  ウィズニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウィズニュース

写真「名古屋、なんもないとこでしょう」。名古屋で何度となく耳にしたセリフです=「八十亀ちゃんかんさつにっき」(c)安藤正基/一迅社
「名古屋、なんもないとこでしょう」。名古屋で何度となく耳にしたセリフです=「八十亀ちゃんかんさつにっき」(c)安藤正基/一迅社

 4月に名古屋で勤務を始めてから、名古屋の人々の自虐への対応に困っています。飲食店などで県外から来たと伝えると、返ってくるのは「名古屋、なーんもないところでしょう」という言葉。こちらが名古屋の魅力を伝えても、「いや、でも」と否定されるか、ほとんど反応がないかのどちらかです。一体どうすればいいのでしょうか。「名古屋あるある」を描いた漫画「八十亀ちゃんかんさつにっき」作者の安藤正基さんに聞くと、複雑すぎる名古屋人の心情がみえてきました。(朝日新聞名古屋報道センター記者・山下奈緒子)

【画像】名古屋に赴任して驚いたこと5選 味噌汁・車道・飲み会……コーヒーにうどんは本当です

「名古屋城」に手応えなし
 最初にこの言葉に出あったのは、名古屋生活2日目の夜でした。飲食店で前日に引っ越してきたばかりだと伝えると、店主は間髪入れず「なんもないでしょう」。

 とっさに「いやいや。すてきじゃないですか。名古屋城行ってみたいんですよ」と返しましたが、「そうですかねぇ」と、まったく手応えが感じられませんでした。ありきたりな場所しか提示できなかったことが原因だと反省し、次の機会に備えました。

2度目もまた手応えなし
 毎朝の名古屋モーニング、休日は名古屋城や犬山城、名古屋メシざんまいで楽しんだ5月、別の飲食店でその機会は訪れました。

 モーニングの魅力や、街がコンパクトで徒歩圏内で欲しいものが手に入る住みやすさなど語りましたが、反応はほぼありません。「まだ駄目なのか」と落ち込みました。その後も、いい反応を得られたことはありません。

名古屋人の心情を解説していただきます
 愛知県在住で「漫画をきっかけに名古屋愛が深まった」安藤さんと、隣で聞いていた岐阜出身の担当編集者・足立泰宏さんに名古屋人の心情を解説していただきました。足立さんは、名古屋は日本の中心だと思っていましたが、東京に住んで名古屋の影の薄さに驚いた経験をもっています。

「外からはほめてほしい。でも、自分たちは卑下したい」
――反応がいまいちで、「その程度かよ。名古屋をなんにもわかってないな」と心の中で舌打ちされているのでは、とおびえています。

安藤さん「それでいいんですよ」

――え、いいんですか。まったく手応えはなかったですよ。

安藤さん「確かに名古屋の人は、名古屋に対して愛がない発言をすることが多いです。名古屋城と言われたときに、名古屋城はこうだから駄目なんだよって言いたいんです」

――どういうことですか。

足立さん「むしろそこは自分たちの所有物じゃないですか、名古屋城って。自分たちの所有物に対して、外からはほめてほしい。でも、自分たちは卑下したいって気持ちもあるんですよ」

安藤さん「複雑な感情を持っているのが名古屋人なんですよね。自虐はしたいけど、他虐はされたくない」

足立さん「だから東海より外ですっていう人から、名古屋のことを悪く言われると普通にむっとするんです」

「押しつけるのは美徳としていない」
――私の出身地の奈良県民は自虐が多いですが、他虐も受け入れてしまっていて、ほめられると素直に喜びます。同じ自虐でも名古屋の方はこじれていますね。

安藤さん「本当に面倒くさいんですよ」

――自虐をしたいというのはどういう心境なんですか?

足立さん「自分たちからいいでしょうって押しつけるのは美徳としていないんです。自分たちが言わなくても、周りからすごいと言われるようなものに対して価値を見いだします」

安藤さん「『よくわかんないけど、そんないいんだ』ってスタンスをとりたいんです。たぶん東京と大阪に挟まれているからですね。東京はやっぱり黙っていてもいいよねって言われるし。大阪の人は自分からこれがいいって言うじゃないですか。そこに挟まれて、これがいいって言いたいけど美しくないから黙っておこうかという人間ができあがった特殊な場所です」

足立さん「見えっ張りなところが根っこにあるんじゃないでしょうか。結婚式もそうなんですけど。大したものを持ってないって思っているけど、実はすごかった、というシナリオが大好きなんです」

「口には出しません」
――心の中では喜んでもらってたんですね。

安藤さん「そうなんです。口には出しませんが」

――安藤さんの漫画のヒロイン・八十亀ちゃんは名古屋の高校生ですが、素直に名古屋愛を語っていますよね。

安藤さん「八十亀ちゃんは、名古屋人の深層心理を表しています。俺もこんぐらい名古屋を好きなのかもしれない、と感情をあぶり出すキャラクターです」

足立さん「表向きには言えない心の声を代弁してくれています」

――実際の名古屋の人はここまで言えないんですか。

安藤さん「絶対言えないですね」

――主人公は東京出身で名古屋に出てきた男子高校生の陣君ですね。

足立さん「陣くんのフラットな視点から見た八十亀ちゃんのズレを観察してもらい、名古屋以外の人にも楽しんでもらおうというのがこの作品の目標。外から見た名古屋を描いています」

「愛あるいじりを欲しています」
――漫画では方言を陣君が面白がるシーンなどありますが、名古屋の人はどんな反応ですか。

安藤さん「誰かに怒られるんじゃないかと思いながらやっているんですけど、今のところありません。周りでも読んでもらっていて、名古屋の地元愛の強さだな、と」

足立さん「そこは安藤さんの表現の仕方に愛があるから。愛あるいじりを名古屋の人は欲しています。変なところは変だぞって、ちゃんと言ってほしいですけど、どぎつく言うんじゃなくて好きでいてほしい。この漫画の愛あるいじりが名古屋の風土にマッチしたのではないでしょうか」

 名古屋人の本音は理解できましたが、面と向かって言ってもらうのは難しそうです。食に代表される独自の文化にあふれている名古屋は、魅力いっぱい。これからも、心の中では喜んでもらえていると信じて、名古屋の良さを熱弁していきます。

このニュースに関するつぶやき

  • (*^ー^)ノ♪ひつまぶし美味しかったよまた食べたいなあ
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • この真夏に初名古屋観光者を1日案内します。モーニング、きしめん、ひつまぶし、手羽先希望とのこと�лҺ�名古屋城&金シャチ横丁と栄テレビ塔かな☆
    • イイネ!35
    • コメント 14件

つぶやき一覧へ(142件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定