ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > IT総合 > 磁気不良カード ATMで自動修復

磁気不良のカード、ATMで自動修復 三井住友銀行

156

2018年07月12日 07:32  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

写真磁気不良を起こしてもATM内で自動修復できる三井住友銀行のキャッシュカード。赤枠部分のICチップがついているカードが対象(三井住友銀行提供)
磁気不良を起こしてもATM内で自動修復できる三井住友銀行のキャッシュカード。赤枠部分のICチップがついているカードが対象(三井住友銀行提供)

 三井住友銀行は11日、磁気不良を起こして読み取りにくくなっているキャッシュカードを現金自動出入機(ATM)が自動で検知し、修復するサービスを始めた。ICチップが付いたキャッシュカードが対象で、三井住友銀の全ATM約5700台で始める。


 キャッシュカードは磁石の近くに置くなど、使い方次第で磁気不良を起こすことがある。磁気不良を起こしたカードは読み取れなくなるため、従来は再発行の手続きが必要だった。今後は、ATMが読み込んだカードの不良を検知すると、10〜20秒で内部で自動的に修復する。修復するのは、ATMで残高照会か引き出しの操作を選んだ時となる。


朝日新聞デジタルで読む

このニュースに関するつぶやき

  • ささやき − いのり − えいしょう − ねんじろ! カードはまいそうされました!
    • イイネ!3
    • コメント 1件
  • これは凄い。みずほ銀行のカードが駄目になった時は店舗まで足を運んで手続きした後に一週間待ち、ポスト投函ではなく書き留めなのでかなり面倒だったから。
    • イイネ!45
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(87件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定