ホーム > mixiニュース > 社会 > 技術進歩 車燃費7年で12%改善

車の燃費、7年で12%改善=HV普及、技術進歩で

111

2018年07月12日 09:05  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 国内を走る自動車の燃費改善が続いている。国土交通省の調査によると、ガソリンを使う車全体の2017年度の燃費は1リットル当たり12.0キロとなり、調査を始めた10年度の10.7キロから約12%改善した。電気モーターを併用するハイブリッド車(HV)の増加やガソリンエンジンの燃焼効率の向上、軽量化といった技術進歩が背景にある。

 17年度の燃費は、毎月約9600の自動車保有者を対象に実際の走行距離や燃料消費などを調べ、旧式車や商用車も含め推計値を算出した。一定の条件下で計測するカタログの燃費とは異なり、実際の燃料消費量に近いとみられる。

 17年度の乗用車の車種別の燃費は、HVが16.5キロ(10年度は16.3キロ)で、軽自動車が14.1キロ(同12.6キロ)だった。小型車は11.9キロ(同11.3キロ)で、普通車は9.0キロ(同8.3キロ)。HVの数値はほぼ横ばいだが、台数増加で全体の燃費改善に貢献している。

 カタログの燃費を見ると、近年はトヨタ自動車のHV「プリウス」のように40キロ超の車種も登場し、30キロ台の軽も相次いでいる。新型車への入れ替えが進めば、燃費はさらに改善しそうだ。今後は電気自動車(EV)の増加も見込まれており、減少傾向のガソリン需要が一段と低下する可能性がある。 

このニュースに関するつぶやき

  • 電子自動車にすると燃料代ゼロ円。そういう車に乗って、どこまでもいける。そこで自己保身する人間が必ずあらわれる。持続可能な開発目標つくる責任、つかう責任と提唱することから人間はまだまだなのだ
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • シナが磁石用の希土類を輸出しなかったり値上げしたら希土類が少なくて済む技術ができ、ガソリンが高く排ガスが問題になれば燃費が改善される。産出国は見てますか?
    • イイネ!34
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(89件)

あなたにおすすめ

ニュース設定